埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
外壁塗装は危険!! 外壁塗装後に雨漏りがしてしまう様子(2度塗り3度塗りの外壁塗装は更に危険です!!)

何故!? 外壁塗装後に雨漏りがしてしまうのでしょう?

外壁塗装後に雨漏りがするようになり、雨漏りの補修を何回もするのですが、一時的には雨漏りは止まるもの、また雨漏りがしてくるという相談が年々、数少なくなるどころか、増加の一途を辿っています。

雨漏りをしてしまうと外壁塗装やコーキングでは雨漏りは改善できないです。
それは何故かといいますと下記の図をまず、ご覧を下さい。


外壁面及び住宅内部の湿気結露の現在の様子



2016101413475611407.jpg





外壁材を塗装した後、外壁面が塞がれた様子


2016101414174515811.jpg



外壁面を外壁塗装幕で塞いでしまい、外壁材と外壁裏面の防水シートの間の外から侵入した雨水の通り道になっている水分が外壁面より外へ逃げる事ができず、外壁を支えている固定釘が防水シートの穴になっている部分に雨水が浸入してしまい、壁の中に雨水の逃げ道である水分の通り道が新たにできてしまっている様子。

この雨水がまず、外壁材を支えている木材を腐食させ、壁の中の木材の腐食につながっていく様子。

外壁塗装=逆に住宅を腐食させてしまう原因を作ってしまう様子



2015082913545623840.jpg



左の図のように外壁の断面は外壁材(青紺色のラインの部分)の裏面側には防水シートが設置されています。外からの雨水は外壁面全体のあちらこちらから浸水した雨水が外壁材と裏面に設置した防水透湿シート(防水紙面)の間に、水の通り道となっており、その水の通り道になっている水分がまた、外壁面の至るところの隙間から外へ逃げるように排出されている様子です。

次に⇒の右側の図は外壁面を塗装する事により外壁面が外壁塗装やコーキング(赤色のライン)をきっちりする事により、外壁の表面から浸水した雨水は外へ逃げる事が出来ず、防水シートの裏側(外壁の固定下地や合板部分)に雨水が浸水して流れている様子です。


上記、右側の外壁の構造の断面図には外壁材(青紺色のライン部分)を止める固定釘が防水透湿シートを貫通して、外壁を固定させる下地及び合板(緑色のライン)まで固定釘が貫通しており、外壁裏面に浸水した雨水の水の通り道が防水シートの穴(固定釘で貫通した穴・隙間)から外壁を固定している下地や合板に水の通り道ができ、雨漏りがしている様子です。

雨漏りを防いでいてくれるはずの防水透湿シートが外壁を固定する為の固定釘で穴だらけになっており、今まで、外壁面の隙間などから中に浸水した雨水がまた外へ排出させ、外壁材と防水シートの間の水はけが良かったので、穴が空いている防水シートから裏面に水の通り道ができなかったのに
外壁面が外壁塗装やコーキングをする事により外壁面は塞がれており、水分の逃げ場がなくなって壁内に雨漏りがしてしまっています。これが雨漏りがしてしまう仕組みです。

外壁面に外壁塗装やコーキングしても雨水を浸水しないようにする事は不可能なのです。

何故ならコーキングをした外壁を切断した断面は針の穴のような隙間が沢山あり、外壁外側面に雨水の通り道ができ、コーキングと外壁材のつなぎ目や窓サッシの開口部から毛細管現象により外からの雨水を吸い込んでしまうのです。

それ故、雨が降る度に外壁材の裏面と防水シート(防水紙)の間は外から浸水した雨水の水分の通り道になっており、この水分の通り道の水はけが悪いと雨漏りを起こしてしまうのです。

また、外壁のひびや亀裂・膨らみは外壁裏面の水分の水はけが悪いと外壁裏面は塗装も何もされていず、外壁材は外壁裏面からの浸水には弱いのです。それが外壁表面のひび・亀裂がでたりや外壁塗装膜の剥離・劣化を早めているのです。

外壁面にひびや亀裂が起きたら、外壁裏面に弊害が起きている現象であると過去より言い続けているのは、30年前という過去から現在に至るまで、外壁の構造は改善されず、変わっていず、今だに、防水シートに頼りすぎている事が雨漏り欠陥住宅がなくならない理由で、年々、増加の一途を辿っています。

外壁からの雨漏りがしない住宅は外壁の構造が重要であり、外壁を二重構造にして中に浸水した雨水がそれ以上、壁内に水分の逃げ道ができないように、また、水分の通り道部分の水はけをよくして、浸水した雨水の水分が乾燥しやすいようにしてあげる事が雨漏りがしない外壁の二重構造が最善の方法なのです。


外壁撤去前
IMG_4333.jpgIMG_4382.jpg
外壁撤去後
IMG_4403.jpgIMG_4442.jpg

外壁を支えている木材が腐食してしまっている様子
IMG_4467.jpgIMG_4508.jpg

外壁を支えている間柱が腐食している様子
IMG_4514_1.jpg

上記の写真は二度目の外壁塗装後(築14年経過後)に数ヶ月で外壁にひびが入り、外壁材を撤去し中を拝見した様子、外壁一面の支えである木材が腐食してしまっている。
(外から侵入した雨水が外壁面裏側の防水シート面を水の通り道になっており、外壁を止める釘穴から防水シートの裏面に雨水の通り道ができ、中の木材が腐食した様子。


上記のようにはっきり原因がわかるまで、弊社、昭和アルミのほうへ現場調査依頼の相談が来られるまで、10社以上の建築家や工務店、外壁リフォーム業者に相談をされて、今回の原因ははっきりせず、11社目のアルミサイディングの外壁リフォームをするか地元の工務店でガルバリウム鋼板をするか検討しているところ、

アルミサイディングの欠陥、結露、外壁の補修、住宅の診断といったキーワードで弊社の昭和アルミ公式ブログの当ブログサイトをネット上で見つけられ、
ともかく、今回の外壁塗装したばかりなのに、小さな、穴が何故!? どうして!?クレーターのようになっているのか? 現場調査の依頼があり、

現場調査をしたところ明らかに、一般的な外壁塗装としてはとても良い外壁塗装の工事内容の仕上がりなのですが、あきらかに、外壁塗装をする事によって、内部に結露が出やすくなり、外壁塗装をしても必ず、外からの雨水は必ず、

●外壁の裏面に浸入した水分の通り道ができ、その水分の通り道が外壁塗装をしたばりの時期は内部の水はけが悪くなり、防水シートの表面は外から侵入した雨水の水分の通り道は必ずできる事と

●防水シートの裏面には内部結露で発生した水分(既存の外壁を塗装したり、補修したりすると余計に結露が発生しやすくなります)の水分の通り道ができてしまいます。

上記の2点から過去の経験から推測では外壁を固定している木材が腐食している可能性が大きいという指摘を施主様に説明をし、外壁を外せば、中の様子がはっきりしますので・・と言う事で、結果、上記の画像の全く同じ、推測をしていた事が目の前で起きていたという証拠の写真です。

あきらかに今回の原因は外壁塗装する事により外壁面を塞ぐ事になり、内部結露が発生しやすい環境になった事と、外壁塗装をしても外からの雨水は必ず浸入してしまいますので、
侵入した雨水が中に設置してある防水シートの紙面に水の通り道ができている事が原因です。