埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
外壁塗装後に雨漏りがしてしまったという相談

最近も外壁塗装後に雨漏りがしてしまった。

金属サイディングで外壁リフォーム工事をしたら雨漏りがしてしまった。

という相談が多いです。


これは住宅の構造及び外壁の構造をよくわかっていない、専門家でない営業マンやリフォーム業者が飛び込み訪問販売で売り込んできて、

いかにも外壁の専門家のようなフリをして、外壁塗装や金属サイディングを利益目的で契約していくリフォーム工事契約に数多いです。

外壁リフォーム工事をする際は現在の外壁の構造を理解している専門家に工事を依頼をする事が間違いないのですが、

飛び込みで売り込んでくる、営業マンや外壁塗装業者。外壁リフォーム業者は住宅の事に関して全くの素人の知識しかない、悪質なリフォーム業者に外壁塗装や外壁リフォーム工事をさせると住宅は危険な状態になりますので、ご注意を下さい。

そういった業者は外壁塗装をまめにしていかないと住宅は腐食するので早めに塗装をしたほうが良い。
また、金属サイディング業者は住宅を長持ちさせるには外壁塗装を何回もしなければ、ならない、何回も塗装をすればお金の負担が大きいので、金属サイディングのほうが一旦、施工すれば、今までみたいに外壁塗装しなくても良いからといって、金属サイディングを進めてきます。
そういった業者に金属サイディングによる外壁リフォーム工事後、雨漏りしてしまったという相談も数多いです。

今まで、雨漏りは一切、雨漏りはしていなかったのに外壁塗装をしたら雨漏りがするようになって、苦情を言ったら、あちらこちらコーキングを何回もしてもらっても雨漏りが直らず、しまいには、外壁塗装の責任じゃないと言われた・・・等々、

また金属サイディングを施工した後、雨漏りがするようになって、苦情をいったらやはり、外壁の隙間をコーキングをあちらこちらにするのだが、結局、雨漏りは直らないのでどうしたら良いでしょうかという相談も数多いです。


このような欠陥リフォーム工事になるのは住宅の構造及び外壁の構造を理解していず、全く素人の知識しかない外壁塗装業者や外壁リフォーム業者が数多いので、このような手抜き欠陥住宅リフォーム工事になってしまいます。

住宅の外壁リフォームはハウスメーカーや工務店のような専門家ではなく

雨漏りが何故!?起きるのかよく理解している雨漏り改善の実績があるそれを専門にしている雨漏り改善の専門家に任せる事が肝要です。

最近では雨漏欠陥110番・・・というような名称がネット上でいくつか出てきますが、雨漏り欠陥110番といっていますが、

実際に補修している現場を見ると、住宅や外壁の専門家でない、作業人がきて補修をしており、何ともお粗末な工事方法が多いようです。

雨漏りはコーキングや外壁塗装で直す事は不可能です。

皆様方も充分にお気をつけ下さい。

もし、雨漏りでお困りの場合は弊社、施工管理技士、雨漏り改善の監理技術者が現場調査をさせて頂き、雨漏りの原因及び雨漏り改善の方法・ご提案を無料でさせて頂きますので、お気軽にご相談を下さい。