埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
改めて自己紹介を兼ねて。。。

出身は富山県出身です。
先祖代々宮大工の家系で、小さい頃より宮大工の棟梁や親方の傍で育てられてきましたので、住宅(木材)が喜んでいるのか、悲鳴を上げているのか? 自然と肌で感じられるような貴重な体験をする事ができたのですが、今の日本の建築基準法では伝統的な宮大工が建てるような住宅は基本的に建てる事ができなくなった事と需要がなくなったのを機に、宮大工になる道を諦め、お国の為に何か、役に立ちたいという気持ちから中学卒業後、少年自衛官になり、その後、防衛大学校へ進学し、卒業の年を迎えた年に実の父が急遽、亡くなり、家業を継ぐ立場である長男であった為、富山へ帰省。
やはりその後の進路は先祖代々の職人としての血筋のせいなのか、今の住宅業界の中で、数多い欠陥住宅や不完全と言いますか、未完成の住宅を改善する、住空間改善型住宅リフォームという道を目指して、今まで歩んできました。

現場で実際に工事をしての体験や経験がいかに大事かという事が日々、精進をさせて頂いておりますが、一軒々住宅は違いますし、様々な環境の違いにより住宅の痛み方も千差万別です、新築よりも住宅リフォームのほうが長年の経験と実績が必要になりますし、そして住宅(木材)といかに対話をしていくかという事を日々、精進をしているのですが、住宅と対話ができた時、最高の仕事ができるものと痛感をしております。

また、過去の淡路関西大震災において、私の身内も亡くなっており、一般的に良いとされている耐震構造を基に、そのまま信じて、安易に耐震補強をすれば却って、地震に倒壊しやすくなって、震災で実際に倒壊してしまった住宅も真近に見ており、また、間違った外壁塗装や金属サイディングの外壁リフォームや住宅内のリフォームにおいても気密性を高めてしまっている間違った、住宅リフォームを数多く見てきまして、建築基準法や素材の性能の知識だけでこれなら良い住宅になるだろう、正しい工事だと思い込んでリフォームをすると、却って耐久性に弱い住宅になってしまったり、カビ・結露などの住空間として、住むには悪い環境になってしまうというその怖さも経験しております。

私の専門は住宅の雨漏りに関する事、カビ、結露などの問題を解決する専門です。
大切な家族を守る住宅、リフォーム後、失敗や後悔されないように失敗をしないリフォームをするにはなぜ!?そういった、リフォーム工事後のトラブルや紛争が起きるのか?
その原因や情報などの知識を深める事が肝要です。
住宅に関する事で心配な点やわからない点など、どんな些細な事でもお気軽に相談して下さい。

昭和アルミグループ 代表取締役会長 深澤 煕之 拝