埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
最近、実際に相談者からの外壁塗装とサイディングの注意点についての質問内容

2014100616121420058.jpg



お客様様からお問合せを頂き、実際に相談を受けた際の質問に対する回答例 ↓↓

■その他ご質問など
10年前に建売を購入。今は吹付け塗装してある。外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。注意点を教えてほしい。


●回答


■外壁塗装の注意点について、
一、既存の塗装膜を完全に撤去してから塗装をしないと粘着性が弱く、塗装の耐久性が弱くなる。(半分以下の耐久性しかない)2〜3年しか耐久性がなかったり最長で5年くらいしか耐久性がない。(塗装面はある程度防水性がありますのでその上に施工しても粘着が弱い)


二、これは一項に述べた事にも通じるのですが、シーリング処理やひび補修などの下地処理にきちんと手間をかけて施工をしないと塗装が剥離しやすくなったり、塗装後シーリング処理したところの油が浮き出てきて。いかにもひび補修をしたままの見栄えになってしまい、外観性が悪くなってしまいやすい。(ひび補修はVカッター処理をしてから塗装仕上げ表面より出ないようにシーリング材を注入するのが最善なのですが、コスト費を下げる為に手間をかけずにこのようないい加減な下処理をするか、全くしないで塗装の下塗りから施工をしているケースが数多いです)


三、シーリングの上にシーリングをしても粘着性がなく、剥離しやすいので、既存のシーリング(玄関サッシ、窓サッシなどの開口部のまわりの縁、外壁の見切り縁など)を完全に撤去してからシーリングをしてからシーリングをしないといけない。また、シーリングをしてはいけないところはしないようにする。 これを徹底しないと外からの雨水を防ぐ事はできません。
その反面、雨水は外壁材及び外壁材自体の中心部や外壁材と防水シートの間が新築時より雨水の通り道になっており、下手なシーリングや外壁塗装をすると外部の隙間から浸入した雨が外部にでないように塞ぐと雨漏りの原因を作ってしまう事にもなります。

(ですので、コーキングを施術する場合はこの水が通る道が壁の中に逃げていくような恐れもありますので、どこの部分にコーキングをするのか?してはいけないのか?要注意です。


上記に上げたポイントは重要な部分でありますが、日本国に於いての大半の塗装はそこまで考えて施工をしますと施工コストが高くなってしまい、通常普及している塗装費の相場より倍以上になり、そこまで費用をかかるなら、金属サイディングへの外壁リフォームをした方が良いと一般ユーザーが塗装をしようという気持ちから殆ど離れてしまう為、コストを下げる為これらの重要なポイントを殆ど無視をした施工方法が一般的です。


■サイディングの注意点について
サイディングには窯業系サイディングと金属サイディングがあり、金属サイディングにはガルバリウム鋼板サイディングとアルミサイディングがございます。
それぞれの素材に応じて注意点があります。


●窯業系サイディング
サイディングの中ではコストが安くて、見た目も重量感があって良いのですが。重量が・・・とにかく重たいという事と補修や塗装などの定期的なメンテナンスコストがかかりますので、地震がきても倒壊しない強固な建物で、施工後メンテナンスコストがかかっても良いという考えで判断をしないといけないと思います。 淡路大震災や東日本大震災に於いて、こういった外壁リフォームをされたお宅は倒壊をしているか外壁材の重たさが耐えきれず、落ちております。


●ガルバリウム鋼板サイディング
ガルバリウム鋼板は30年耐久性があるという事とコストが安いという事で世界先進国の中で日本国が一番普及しているのですが、現実には2〜3年でもらい錆になり、施工時の加工切り口は鉄部分が丸出しになっているためそこから錆びてしまっており、30年耐久性があるというのは疑問であり、まやかしのような感じです。 最近、弊社への相談でこういったガルバリウム鋼板で10年前に施工された方や建築設計士などの専門家からどのような塗装をしたら良いのか?教えてほしい?アドバイスが欲しいという相談を数多く寄せられています。
ですので、施工後の注意点としてガルバリウム鋼板の表面以外は通常の鉄板と同じ鉄成分ですので、空中に浮かんでいる金属の粉を吸い寄せやすいので、常に空気、エアーなどのガンで外壁の表面を振り払うようにしておかないともらい錆が発生してしまうという事と、
ガルバリウム鋼板は通常の工務店やリフォーム業者が仕入れるにはコストが安いという事で一番多く使われている素材で、そうして安く、一般ユーザーに総額で他よりも安く、とにかく安く抑えて見積をして受注を多く取ろうと競争している業界、業種ですので、下地胴縁工事もホームセンターにも安く販売されている木質系の垂木を使用してコストを安く抑えていますので、日本では木の下地が殆ど99%なのですが、その木の下地は施工後2〜3年で真っ黒(腐食すると黒くなる)になっているが大半ですので、充分に注意が必要です。(昨年の台風でリフォームをされたユーザー様で外壁一面が風で飛んでいったので直して欲しいという相談が殺到しました)
(下地胴縁は木材などの木質系ですと腐食しやすいので、腐食に強い素材が良いです)


●アルミサイディング
アルミサイディングにはコストの安いアルミ合金の中で品番3000番系と5000番系の2種類あります。
アルミ合金の素材の3000番系と5000番系の素材のコストが3倍以上のコスト差があり、やはり日本国に於いてはコストの安い3000番系のアルミサイディングが全体の9割以上占めています。


■3000番系は耐久性は優れた素材という事でアルミ缶などのボディ部分に使用されているのデメリットは強度に弱いという事と20年くらいすると、腐食が始まりと白いぶつぶつのようなものがついてきます。
ですので、コストの安いアルミサイディングはガルバリウム鋼板よりは耐久性はありますが、強度が弱い為、ちよっとした事ですぐにへこみがでたりします。

また、海風などの塩害や酸性雨に弱いので、強い風が吹いた時や雨が降った後は水で綺麗に洗い流すというメンテナンスをしていかなければなりません。 
10年前に30年は耐久性があるという事でアルミサイディングを施工しましたが、塩害の強いところでは、10年くらい経ったところで表面が白いぶつぶつの粉のようなものが沢山ついてきた、小さい穴が空いてしまったので、どうしたら良いのでしょう?塗装をしないといけないのでしょうか?という相談が全国から寄せられています。


■5000番系のアルミサイディングは特に海からの潮風の塩害に強い素材です。海の上で実際に35年耐えられたという実績のある素材で海の上で使用する船舶用金属として開発された合金ですので、住宅用外壁素材としても一番耐久性に優れた金属であるという事とアルミ金属は強度が弱いという欠点もあるのですが、5000番系は強度が高く、強いアルミ合金であります。
アルミ金属は昔強度が弱いとされていたのですが、優れたアルミ合金が開発され、軽いので重量が軽量ですみ、強度もあるという事で最近では自動車の躯体 (通常は鉄を使われているのですが)(アウディ。BMW。ホンダ等)や自動車タイヤのアルミホイールに使用されるようになってきました。


■上記にガルバリウム鋼板・3000番系アルミ合金製アルミサイディング・5000番系アルミ合金製アルミサイディングについての説明をさせて頂きましたが・・・。
数多くのリフォーム業者(日本には数多くのリフォーム業者さんがあります)さんがガルバリウム鋼板は30年耐久性があります、うちの製品はアルミですので半永久的に耐久性がありますと勧めるほうは良い事ばかり言ってきます。
ここで書いてある事と違う事を言ってきますので、どれを信じて良いのかわからなくなってきます。
ここで上げた事は弊社が過去、以前に、ガルバリウム鋼板製や3000番系アルミサイディングを取り扱って代理店さんに卸していた時代があり、その製品が5年10年経った際、その製品を施工された施主様のほうから、施工する前に昭和アルミさんには錆びる可能性は大きいと聞いていたのですが、耐久性があるという業者さんを信用して施工したのですが、やはり、ガルバリウム鋼板は錆等腐食した、赤錆が切り口から出てきた、3000番系アルミサイディングは強度はやはり弱いのですね、へこんでしまったので補修できますか? ぶつぶつした白い粉が出て。小さい穴も空いているのですが、これはどのようにしたら良いのですかという、過去、数多くの施主様から生の声を聞いて、相談を受けている経験上を基にここに書かせて頂きました。

弊社で過去20年程前に施工させて頂いたお客様(関東地区、埼玉県、東京都、千葉県、東海地区愛知県、岐阜県、関西地区、京都、大阪、兵庫、九州地区福岡県、大分県、山口県など)全国から、この町はいろんな訪問販売業者が訪問してくる地域で、20年前に昭和アルミさんに施工して頂いたのですが、その後、いろんなメーカーの業者さんが着て、工事しているお宅が何件もありましたが、20年もったのは昭和アルミさんだけだった、他のお宅は途中で腐食して補修したり、色がはげてきて外壁塗装をしたりしているお宅が殆どだった、20年耐えられたのは昭和アルミさんだけだったので、今度、2件目の家を昭和アルミさんに是非施工お願いしたくて、工事を依頼した(千葉県の施主様)
また、他の施主様でこちらは下関のほうでして、海のそばにありアパートに昭和アルミ製の外壁が使われているのですが25年以上経ちましたが塩害の被害もなく何ともない、近くの家は海からの潮風の塩害の被害がひどいのですが、昭和アルミ製の製品は大変良いので、今度は自分の息子の家に使いたい等々、施工して頂いた、施主様の体験が一番、信用のおける体験話だとおけます。
そういった事もあり、昭和アルミでは後々、苦情がくるような素材の製品は勧めないという事をモットーにしており、其々の素材の良いところ、悪いところも体験として経験させて頂いた事を基に常に改善の余地がないのか?日々精進させて頂いています。

■最後に上記に上げた金属サイディングを施工をする際、最も重要な注意点がございます。
それはどのように工事をするかという工事方法である工法であります。
日本国でこういった金属サイディングを施工されている方法はすべて、建築基準法に基づきまた、省エネ対策や高性能住宅基準の工事方法で施工されているのが、100%でそれが当たり前になっております。
わかりやすくいいますと、


その1として『外からの風雨による雨水を防ぐ為、窓サッシ、ドア入口、軒天の外壁の見切り回り縁などの隙間はすべて、シーリング材などできっちり施工する事(金属サイディングメーカーの施工マニュアルはシーリングするようになっているようです)施工後、トラブルが生じた際、シーリングの施工が充分でない場合手抜き工事であるという外壁材業界の一般的ルールによるものです。
例えば、どこかの工務店やリフォーム業者、訪問販売リフォーム業者等に金属サイディングを卸す際の施工条件としてこのシーリングを徹底するように施工マニュアルを出しています。
苦情トラブルで裁判になった際、外壁メーカー側にも指導責任が問われる事もある為。』


その2として、日本の省エネ基準の場合、断熱性能を高めるには気密性を上げるという基準で高性能高断熱住宅であるという基準に成っている為、上記に上げたような内容で隙間という、隙間は埋めるという考え方です。現場の事をよく知らない経験の少ない建築設計士は当たり前のように隙間を埋めないと金属サイディングの断熱効果は隙間から熱量をかなり損失して、効果が期待できない為、施工する意味はないと批評する専門家も数少なくありません。


■しかしながらこの方法で施工した場合、確かに断熱性能がかなり上がるのですが、家の中の湿気が壁の中から外へでなくなり、壁の中でこもってしまい、家中はカビだらけになったり、結露や腐朽菌によるシックハウス住宅になってしまい、中には施工後10年で白蟻が発生してしまい大変な事になったという住宅もあります。こういった事を経験している建築家や外壁リフォームをされた被害者相談を受けている専門家はアルミサイディングを施工する際にいくら下地胴縁を施工して隙間を設けるようにしていても、重ね貼りは避けないと大変な事になると公言をしています。  
また、外壁塗装の注意点で説明しましたが、金属サイディングも安価な工事方法で施工しますと施工前は雨漏りしていなかったのに雨漏りをするようになったという、苦情相談も全国から相談を寄せられています。


弊社:昭和アルミのSOIVはそういった問題点を解決する為に独自の特許技術で湿気の流れを止めないような独自の工法で上記にあげたシーリングの施工方法はしない工法でここ35年間の試行錯誤の改善につぐ改善で実績として苦い経験や改善工事経験を数多く体験してきた事を集結し、現在工法で確立してきました。


最近では建築設計士さんや大手住宅メーカーの技術者、国道交通省の建築における専門職方々の実際に住んでいる住まいを弊社、昭和アルミで施工されたお客様から口づてに聞いて、弊社に相談を受けて施工をするというお宅も年々増えております。その専門家が同じように言われる事は今までのデーターや建築基準法を机上で勉強してきた事は全く、役に立たなかった、良かれと思っていた事が逆に良くない事をしていたという感想を頂いております。

以上、取り急ぎ、長いメール、長い文章になり、わかりづらいところがあったかと存じますが、参考になれれば幸いに存じます。