埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
最近も多い悪質訪問販売会社の手法及び手口
☆「無料でお宅を○○診断させていただきます!」

耐震診断や屋根診断・外壁診断など、床下診断・白アリをいるかどうかの診断・基礎の通風口の網張りなど、住まいを無料診断をしますと言って様々な方法でそれを口実にしてやってきます。

中には営業マンが工事部、アフターサービス部などと作業服に化けて訪問してくるケースが多いよです。
スーツで営業マンとして訪問してもなかなか玄関を開けてくれない方が数多いので

また、メーカーから依頼された点検、近所を工事しているので、などと言ってくる業者は要注意です。

以前お世話になり工事をさせて頂いた時の下請け会社ですと言ってくる場合もあります。


☆ 「近隣挨拶を装って、訪問販売してくる方法も昔から数多いです。」

今、ご近所で工事をさせていただいています、ご挨拶にお伺いにきましたとか言って・。。。
実はこの地区でもう後、数棟、宣伝企画の為見本工事価格でご提案に来ましたとかいう手口で話を聞いてもらおうとアプローチをしてきます。

そして、本日中にご契約いただければ、工事費を半額にします、もう30万円広報予算費、宣伝予算費30万円を投入しますので合計230万円は安い条件ですとか言って。

また、モニター価格ですのでこれだけお得です.
その代わり写真を撮らせて頂く事とご近所に絶対にこの金額は言わないで下さい。 宣伝価格ですので、ご近所に漏れるとその後、ご近所に通常価格での受注はできなくなるので・・等、
いろんな、販売手法や手口でやってきます。


訪問販売の世界は契約をとることが全ての目的です。契約をとるためには何が何でも必死になります。
契約がなかなか決まりそうにないときは、居座り戦術を使います。

家の中に上がり込んで長時間話し込むと、お客さんも根負けして、とりあえずその場から逃れたいという気持ちで、つい契約させられてしまうのです。

契約が決まったら、素早く契約書を作成します。
そして、「契約は取り消せない」というようなことを吹き込みます。
(訪問販売の場合は「クーリングオフ制度」がありますので、一定期間の間であれば解約可能です。)

とどめは「客電」です。「客電」というのはというのは業界用語で、お客さんの目の前で会社に電話を入れて値段交渉したり、契約報告をすることです。これをする事で、「もうキャンセルできないな」と思わせるのです。訪問販売の営業マンが一番怖いのはキャンセルですから。ちなみに客電を入れるときは、実際にかけているわけではなく、かけるフリをしていることが多いです。


ですので、即決を催してきますので、絶対に即決なされないで、慎重にご判断を下さい。

詳しくはお気軽に、弊社ホームページのお問合わせフォームより安心リフォームのガイドブックを参照して下さい。 『無料で進呈しております。』