埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
東北地方、関東太平洋沖大地震・被災に遭われた方心よりお見舞い申し上げます。
只今、私は名古屋のほうにおります。


3月11日は地震に遭った際は千葉県の施工現場のほうにおりました、14時半過ぎ、足場架工事を施工しているところだったのですが、かなりの長い、地震の揺れ(震度6弱くらい)に一時はどうなるかという心配をしていたのですが、
80%くらいの足場架工事途中だったのですが、足場自体は倒れる事もなく無事だったのですが、作業の為、トラックのそばに置いてあった足場板が倒れ、倒れた足場板が一部のタイルを割れてしまったのですが、不幸中の幸いで、
足場に乗っていた作業員もけがすることなく、無事だったのですが、


その後、停電になり、全く、携帯電話もつながらない状況で、カーナビのテレビがなんとか見る事ができ、それにより、どこが地震の震源地なのかをようやく、知る事ができたという当日でした。。。


その後、大地震より3日間が経ち、皆様もご周知の通り、東北地方に被害者が数万単位においての被災者、被害者がでるという甚大な被害の状況である事が常時、テレビにて放映されています。

私自信も福島、仙台のほうのお客様や知人、友人への安否確認をしているのですが、情報も少ない中での安否確認もままならない状況でございます。


千葉県にお住まいの約3年前に施工させて頂いた、お客様から連絡を頂き、施工させて頂いた外壁部分やまた、住宅は問題はなさそうであるという事なのですが、基礎が一部壊れてしまったという状況をお知らせ頂いて、まずは、お客様のけがはなく、大事はないという事で、ほっとしたところなのですが、

特に、被害の大きい、福島県や仙台や東北地方で安否確認が取れていない方、とても心配をしております。


弊社、昭和アルミの埼玉本社及び東京の拠点はかなりの揺れがあったもの、大事はなく、今のところ施工通常業務を行っておりますが、今後、電力不足により、東京電力よりの計画停電が来月いっぱい迄、実施されるという事で電車の利用ができない、電話が使えないなどで、少なからず、内勤業務等において影響がでるかとの思いであります。


まずは、弊社においても節電、節消費に心がけ、全国で被災に遭われた方々にできる限り、何ができるか、考え、お役に立てられる事があれば、精進をさせてまいりたいと存じます。


東北地方、関東大地震で被災に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

昭和アルミ株式会社、昭和アルミグループ 代表取締役会長 深澤煕之 拝

直通連絡先、携帯電話 090-4458-5564

直通:Email: hiroyuki.fukasawa@showaalumi.co.jp







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています