埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
会長日記ひとりごと。。。
弊社のアルミサイディングを使用した、外断熱通気断熱外壁リフォームは他社メーカーや他業者の施工方法とは似てはいるように見えますが、

根本的に視点、観点が全く違います。


住宅の一番大事な柱、梁などの構造体などの耐久性や強度、人が生活していく中での住宅内部住環境において、住宅内に湿気がこもらないように家、全体の湿気の流れやコントロールを優先しないといけません。

既存の外壁の上にそのまま、施工をすれば、住宅内に湿気がこもって、逆に住宅内部を腐らせたり、住宅内部のカビの菌が膨大に繁殖したりして住宅環境が悪くなり、住宅の木材においてもかえって腐食を早ませる結果になりかねません。

また、だからと言って、既存の外壁とアルミサイディングの間に通気道を作ろうとして胴縁をしたとしても只、隙間があるだけで、何の意味もない外壁リフォーム工事になってしまいます。

住宅内部の湿気をこもる事なく、湿気をコントロールをさせ、断熱効果も高めるにはその上に一工夫いや、2段上の工夫が必要です。


一般的に行われている外壁リフォーム工事方法は簡単にいえば、新築住宅と同じく、外からの雨水の浸入を防ぐ方法が基本的で、更に気密性を高めて断熱効果を上げる方法が基本になっています。

外からの雨水浸入の防止+気密性を高めて断熱効果を上げる、この方法はいうまでもありませんが、湿気を住宅内部に閉じ込めてしまうという簡単な理屈です。

そこへ、安易な考えで湿気がこもらないように下地胴縁をして既存の外壁と新しくしたアルミサイディングを施工すれば良いんだという安易な考えでは隙間を空けた分、断熱性能がそれほど効果が期待できなかったり、施工する前と変わらなかったり、逆に施工しないほうが良かったとなりかねません。


大切な大切な、人間としてもっとも尊厳ある生命を守ってくれる、住まいです、その住まいを守ってくれている外壁はもっとも重要な部分です。

住宅の寿命や耐久性は住宅内部の環境がもっとも大事であり、それは人として日常生活する上で大切な空間です。

今、一度、自分の家にとってどういう方法が一番、最善な外壁リフォームとなり得るか、慎重に判断をしていかなければなりません。

家は一軒一軒すべて違います。そこに住む人の価値観も違います。

どういう方法が一番最善な方法なのか? 一緒に考えていきませんか? 


自分や自分家族の生活、生命を守ってくれている、大切な住まいです。

慎重であってしかるべきです。                                               ひとりごと。。。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています