埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
特許技術のパフォームガードは評判が良いようです。
アルミサイディング外壁材を使用した外壁リフォームはやはり施工方法が大事であると痛感をしております。

他社業者でアルミサイディング外壁材を施工した方で冬暖かくはなったが、夏、涼しくなるはずが逆に暑くなってしまったのですがどうしてなのですか?という相談も数多いのですが、

やはりその工法に問題があるようですね。

弊社のSOIV工法で施工させて頂いた方は夏の熱気がなくなった快適になったという体験を沢山して頂いている方が多いのですが、

2年前からSOIV工法に組み入れた、特許技術の防蟻断熱材(パフォームガード)をセットにしてされた、お客様は更に、夏が涼しく、冬が暖かくなったと大変評判が良いようです。

弊社は住宅において、湿気のコントロールが重要で一番大事なポイントとしてSOIV工法を確立してきたのですが、

アルミサイディングもそうですが、工事方法である工法を間違えると大変なことになる重要な部分です。

製品の素材、性能、湿気のコントロールがきちんのできる工法、そのどれもが大事であり、製品が良ければ、良い効果が出るという事ではなく、工法も最も大事な部分であります。

アルミサイディングを施工して逆に夏暑くなるのは『工法に問題』があるからであります。

弊社の工法の形だけ物真似をしても不都合がでているようですね。(ただ、胴縁を施工して隙間をあければ、良いという事ではありません。また、胴縁も黒色の樹脂を使っているから昭和アルミと同じ工法だとは思わないでください。)

弊社の工法は特許技術も入っている他社には真似のできる工法ではございませんので。