埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
ご注意!!外壁通気はただ隙間をあければ良いという事ではないです!


ここ数年において、外壁通気工法という言葉も少しずつ広まってきたようです。

ですが、この外壁通気も一部では間違った意識というか、机上の理論で、住宅を建設している工務店やハウスメーカーも多いようです。


これから話す事は企業秘密の部分もありますので、多くは語れませんが、最近、新築住宅で建てている外壁通気工法と弊社の外断熱リフォームにおける、外壁通気工法は全く、考え方も視点も違います。


結論から申し上げるとすれば、外壁と壁の中の部分において、ただ、隙間を空ければ、その通気の機能が出る訳ではございません。


新築住宅において、窯業系サイディングやモルタル壁と壁の中の方向に防風シート(紙シート)をして、通気をもたせるようなやり方をしている工務店やハウスメーカーもいらっしゃいますが、外壁通気の機能は正直、その効果には期待はできないようであります。(通気を持たせるという考え方は良いのですが)

中の防風シート自体に結露が生じたり、外壁材自体は耐火材にしないといけないという法令により、セメント系でモルタル壁や窯業系サイディングが一般的なのですが、その外壁材の素材はスポンジと同じように外からの雨水が浸透しやすく、隙間から外気の空気も吹き込んできますので、通気の機能をもった、空気の層ができていず、通気の機能がなく、ただ隙間があるといった感じであります。


また、ただ、外壁を二重にすれば、外壁通気の機能があるかと思ったら大間違いです。
つい、最近、弊社のSOIV工法で施工させて頂いたお宅は築10年のお宅で、その当時、外壁通気工法という工法をとっている工務店やハウスメーカーは数少なく、それにこだわって、24時間換気という機械も入れて、外壁通気工法をとっているという住宅建設会社に依頼をされて家を建てたのですが、冬は温かいのですが、夏はとても暑くて、家にいられたものではない状態で、家を涼しくしたいというご希望で施工をさせて頂いたのですが、


この建物も24時間、機械をソーラー電気にて、通気層を設け、空気を循環をさせるといった、とても機能的で効果のある良さそうな工法だったのですが、夏はとても暑くていられないといった現状でした。


これは、通気の部分の空気と家の中の部分の空気(湿気)の温度は温度差がないのはいいのですが、外気の温度とも温度差がないという事が最も大きな原因のようでした。


冬は壁の中に断熱材が入っているので、通気層の部分と外気の温度差がなくても、家の中は温かいのですが、逆に冷たい温度の外気と同じ冷気の温度でしたので通気層部分が湿気。カビが多く発生していて気がつかなかったという事が正確な事実なのですが)

夏の場合は通気の部分と外気の部分が同じである為、逆にその熱が断熱材にこもり、家の中にその熱が入り込んでしまっているという状態でしたので、夏は暑くていられないという事は理解できます。


この外壁通気工法という機能を持たせるにはそれなりの外壁の素材を使用して、それなりの実績と経験がものいう工法です。(机上の空論のような住宅工法が多い中、一口に外壁通気工法といっても安易にはできない部分であります。)

この外壁通気層の空気の温度と外気の温度が干渉しないように
気密性に優れた外壁の構造及び外壁の素材自体に断熱材が粘着してあるものを使用して、きちんと外壁通気工法という機能が出るように通気層を確保をし、プラス、通気層の中が湿気がこもらないようにする為の工夫する為の技術が必要であります。

結果的に弊社で施工させて頂いたお宅では夏の季節は大変涼しくなり、冬は温かく、結露がみごとにに止まったという評価を頂いているわけなのですが、この外壁通気というメリット、機能をきちんと果たすには施工方法が最も大事なところであります。


以前、外断熱工法という言葉を特化した、謳い文句で、そのブームにのって家を建てられた住宅は相も変わらず結露やカビが発生してしまい、雨も漏るような欠陥、手抜住宅が増えてしまい、外断熱住宅は危ないといった不評がでるほど、特に北海道のほうで社会問題になったのはつい、最近のそんな昔ではないのですが、 (正当に外断熱の機能を果たせる住宅は全体の1%しかなく、弊社の技術と同等以上の技術で外壁に通気をもたせている良心的な工務店さんは日本全国では10社くらいしかありませんでした)


また新たに最近、外壁通気工法という痛い文句で注文建築を受注する業者が経験も実績もないのに外壁通気という言葉を特化に謳い文句にして外壁リフォームの受注にやっきになっているようですが、外壁リフォームにおいても、
弊社の工法の形だけ、物真似をして、下地胴縁さえすれば、良いという不完全な外壁リフォーム工事を売り込んでいる悪質リフォーム業者も増加しており、外壁通気という、その機能を果たせていない住宅も増え続けていますので充分にお気をつけて下さい。


ご興味がある方は弊社の特許の技術であるSOIV工法の説明に私どものスタッフがわかりやすく、説明をさせて頂いておりますのでお気軽にご相談を下さい。