外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
厳しい寒さが増す季節になってきました。結露に困っていませんか?
今年も残すところ約1か月と少しになってきて、寒さもだんだん厳しくなる季節になってきました。

寒さが厳しくなれば、暖房器具を使用する、そうすると窓には結露がべったりつきますね。
結露が出ても寒いのに耐えられなく、そんな事は言っておられない、風邪をひいてからだを壊してしまうので更に暖房器具を使用す頻度が多くなってくる。

でも本当に寒い日は窓にべったり結露が出ているのを見ると、人のからだにとっても家にとってもいい訳ないはずです。

結露が出ている様子を見て、心配にはなりますようね。月々の暖房費も家計にとって大きい負担となってきます。

そんな心配を一刀両断解決したいと思っていらっしゃる方にとって良い方法のひとつとしてこのブログで紹介しています。

結露が出る仕組みは簡単に言えば、温度差によって暖かい湿気を含んだ空気が冷やされて、結露になるという事は経験上、誰しもご存じの事であります。

もう少し、突っ込んで言えば、空中で動いている湿気が冷える事によりその湿気が止まる事になり水分となり結露になってしまうのです。

その湿気が止まる事がなく常に動いている状態であれば、結露にならないのであります。

湿気が出ている部屋を大型扇風機でその部屋の中の空気を循環させると、あら〜!不思議、結露が消えてしまいます。
これは、冷やされて止まってしまった湿気が水分となっている状態から風によって再び、水分から細かい水分(湿気)となって空気の中に含まれるようになるからなのであります。

弊社が推奨しているSOIV工法による外断熱リフォームをして家の中の結露の問題を解決し、家の中の湿気を通気工法により自然と外へ排出し、尚かつ、断熱効果を高め、暖房費など節約になり、省エネで快適な住宅にしてみませんか?

ただ今、住宅の結露・カビの問題、そして、暖房費のかかる住宅を省エネにするリフォームの相談を受け付けしています。

お気軽にご連絡を下さい。お待ちしております。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています