埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
外断熱工法という工法でも高気密=湿気が蒸れる=カビだらけになっている住宅がある。
内断熱による高断熱・高気密は結露が出やすく、良くないという事を知られるようになました。

それ故、外断熱リフォームや外断熱工法の研究もされるようになってきたのですが、いまだに、よくわかっていない専門家や専門業者が多いようです。

簡単に言えば、

外断熱工法は内断熱工法と違い、住宅を全体を覆うように、断熱材をすっぽり、包みこめば、確かに気密性を高めやすく、断熱性は高まり、外の気温と中の気温の温度差がなくなり、結露が出ないという理屈がなりたち、

それに対する、気密性のデーターの結果、数字で外断熱の効果や外断熱リフォームの効果の性能が良いと評価されているようですが、そのデーターだけで良し悪しを判断をするのは危険ですので充分にご注意をして下さい。

内断熱工法やまた、外断熱工法(外張り断熱工法)に於いても気密性が高いという事は住宅の中の空気や湿気を住宅の中に閉じ込めてしまうという事になりますので、気密性を高めると言う事は湿気の問題がありますので、その湿気を外に逃がしてあげるのは、
外壁部分に通気を持たせなければならないのです。

(住宅内に湿気を閉じ込めないで、断熱効果を高めるには知識よりもその実績に基づいた工法が大事です、断熱の工法はそれだけ難しく、奥が深いのです。)

そういう基本的な事を考えずに、また認識をされずに外壁側に通気層を持たせると断熱性能が落ちるので、冬の断熱効果は衰えると言って、安易に外断熱工法や外断熱リフォームを行っている、また、評論をしている専門家や専門建築会社がおりますが、大きな誤りであり、外断熱リフォームに於ける、外壁通気工法の何たるかもわかっていない、専門家と称する業者があまりにも多いので充分にご注意をして下さい。

住宅を新築にする場合、また、外断熱リフォームにする場合は外壁部分を通気工法にする事は建物を建設する場合の必須事項であり、これを取り違えると大変な事になりますので、十分にご注意を下さい。

高名な一級建築士やテレビにも出演をしている1級建築士という専門家のアドバイスをしている工法で建設した建物が現に湿気が中で蒸れて、カビだらけになったり、外壁が崩れおちている住宅が数少なくありません。

そういう住宅を建てて後悔されている方が数多くいらっしゃいますので、十分にご注意をして下さい。

外壁を二重にして通気工法を取る事は住宅を建てる際の必須事項です。