外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
アルミサイディング外壁材を施工する上に於いての大事な事

アルミサイディング本体を施工していくには、専用役物材を施工しながら、施工していくのです。

窯業系サイディングの場合は新築用の外壁材として、使われ、サイディング本体は正面より釘打ちをして施工し、サイディング本体の目地はコーキング材で仕上げていきます

【ですので、雨漏りの欠陥住宅として今、問題になっています。】


コーキング材は数年で劣化をし、窯業系サイディングの本体のつなぎ目は重なる部分が浅い為、雨水が入りやすい為
その点アルミサイディングの施工の構造は雨が中に入ってこない構造になっています。

アルミサイディングの場合は窯業系サイディングのようにコーキング材を多用化した工事方法とは違います。

アルミサイディングは、リフォーム用として、使用される場合が多いのですが、本体を施工するには、役物施工をしないと施工できず、この役物施工の出来、不出来で仕上がりや耐久力に差がついてきます。

役物施工工事は土台、玄関まわり、窓廻り、建物の角(出隅)・(入隅)、バルコニー、見切り、軒天廻り縁など、それぞれの部署に適した、専用部材を使い、そして、本体や役物の施工できない場所の細かい箇所などは、細かく、施工していかなければ、なりません。
ですので、そういう箇所の施工技術は板金技術などしっかり身につけた、職人がしていかないと、良い工事ができません。
【最近では、私は30年実績のあり、ちゃんとした板金技術があるといっている職人でも、工事をしている様子を見ると工事を早く終えて、手間を稼ぎたいせいか・・・・。

早く、工事を終えて手間を稼ごうという職人が数多いようです。

そして、もう一つ、気をつけなければならないのは
既存の壁に直接貼っていく、直接施工は避け腐食しない、樹脂などの胴縁下地工事をして、その胴縁の上から、アルミサイディングを施工していく事です【外断熱通気性工法】直接施工していくと住宅の湿気を中に閉じ込めてしまいますので、湿気や結露などの水分を外に出だすような、外壁の構造にしていかなければなりません。


また、更に気をつけなければならないのは、外壁と壁の中にただ隙間を設けさえすれば外壁通気の機能がでる、ただ、下地胴縁をして、隙間を設ければ、外壁通気工法の機能が出るとは限りませんので、充分にお気をつけて下さい。

他記事を参照を下さい。他記事:
ご注意!!外壁通気はただ隙間をあければ良いという事ではないです!
URL: http://showaalumi.net/blog/253.html