外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
外断熱リフォームのメリット:その4 長持ちする家になる

今日本の住宅の寿命は日本古来からある伝統的な匠の技の技術を使って、建設をした建物以外、その建物の寿命は20年から30年と言われています(早いもので築数年でカビや腐食で住宅が傷んでしまっているという家もあります)

コンクリートなどの堅固物の建物でも60年耐用年数があると言われていたのですが、30年くらいしかないと最近では言われています。

それは、建物の工法に原因があります。
日本の建物の90%以上は内断熱工法という断熱工法で建てられているのですが、断熱の方法には外断熱工法と内断熱工法の二通りの工法がございます。

アメリカ・カナダ・ヨーロッパの方では外断熱という工法が一般的で、建物の寿命も平均150年から200年です。


片や、世界の中で日本国の建物は内断熱工法が一般的であり、日本全国で約90%以上がこの内断熱工法で住宅が建てられています。

内断熱工法とは壁内断熱充填工法と言い、住宅の柱がある壁の中を断熱材を柱と柱及び梁と梁の間の隙間の中を断熱材を敷き詰めていく方法です。

外断熱工法の場合は内断熱工法のような壁の中に断熱材を敷き詰めるのでなく、壁の外側の方に断熱材を貼り付けていく方法を外断熱工法と言います。

外断熱工法と内断熱工法の住宅に対する影響において大きい違いは、内断熱工法の場合は壁の中に断熱材を敷き詰めていくのですが、柱と柱の中に断熱材を敷き詰めていく為、柱部分は施工できません、住宅を断熱材で包み込むという工法ではないので、断熱効果といった面では外断熱工法と比較して、断熱効果を高める為の気密性が弱いのでその分断熱効果の効率が低いのです。

最近では断熱材を10センチにして断熱材をびっちり敷き詰めるように施工しています。そうすると逆に壁内の中の通気性もなく、湿気がこもり易い、壁の中の構造になっています。

その点外断熱工法は壁全体を断熱材を外側から包み込むように施工していきますので、気密性を高気密にしやすい工法で断熱効果を高断熱にするには容易にできます。

ですがここで一つ大事な事があります。内断熱工法にしろ外断熱工法にしても断熱効果を高めるには高気密にしなければならないのですが、その分通気性が悪くなってしまいますので、通気性を持たせるような工夫が必要になってきます。


また、もう一つ大きい違いがあります。

『内断熱工法の場合の断熱材の位置は壁の中の中央に位置している為、外気の温度と住宅内部の温度との温度差が出る位置になり、この位置に温度差による結露が発生し、生じる位置であります。』

『この結露が出る位置がこの内断熱工法における欠点であり、住宅の結露やカビによる腐食の被害が増大している問題点でもあります。』

その結露やカビが住宅の木材やコンクリートの中に繁殖、増大をして、家の寿命を短くしている原因であります。

『その点、外断熱工法の場合は外気の温度差で結露がでる位置が壁より外側に出る為、住宅に於いて、もっとも大切な柱がある壁の中に結露やカビが生じないので、住宅の柱や壁の中の腐食がなく、安心で、耐用年数が長く、住んでいる間、地震が来ても安心です。』

但し、この外断熱工法も正しい工法で施工しないと、壁を止めているビスが腐食して、壁がずり落ちたり、外れて下に落ちたり、また重たいタイル壁はあまりの重さで崩れ落ちるという被害が増大しております。

最近では重量の重い窯業系サイディングや更に重量の重いタイルを張ってある外壁材が見た目が高級感があるという理由で増えていますが、鉄筋コンクリートマンションなどの堅固な建物は別にして、(厳密に言えば、マンションにタイルが張ってあるタイプは剥がれて、高い階数から下に落ち、運が悪ければ、通行人に当たって怪我をする恐れがあるという理由で、最近では耐久力のあるアルミ外壁をビルなどの建物に施工するケースが増えています)

ですので、住宅のような建物に窯業系サイディングのような重量の重い、外壁材を使用して施工をするのはもちろん避けるべきであり、
まして、ガルバリウム鋼板にタイルや焼物の外装材を貼り付けてある外壁材をリフォームとして使用するのは、かなり、重量の重い外壁材は家に負担をかけるので、絶対避けるべきであります。
住宅に荷重を重く負担をかけると同時に、外断熱という工法は外側に断熱材を施工した上に外壁材を施工する為、その断熱材の厚さの分、ビスを外側に長くしなければならず、ビスに対する負担が大きく、そのビスは断熱材の中を突きつけて、止めてある為、断熱材の部分は温度差で結露が生じる位置ですので、そのビスが腐食し、そうなれば、外壁材を支えきれず、折れてしまい、外壁材が落ちるという被害が続出しています。

昭和アルミの外断熱通気性工法は アルミサイディング外壁材という外壁材を使用しての外断熱通気性工法であり、そのアルミサイディング外壁材の重さ・重量が坪当たり7キロとかなり軽く(コンクリートの36分の1の軽さです。ちなみに、ガルバリウム鋼板より約3分の1という軽さです

アルミサイディング外壁材は軽いので家に負担をかけません。また、アルミサイディング外壁材施工する場合、アルミサイディング外壁材の止めるつなぎ目の裏側の位置(アルミサイディング外壁材の裏打ち材の断熱材よりも内側)にビスを止めます。

ですので、断熱材より内側の位置にビスの頭があり、ビス本体も胴縁の中を通して住宅に止めて行く為、中の通気層に含まれている湿気がビスに接触する事がないので、そのビスを腐食する心配がありませんので安心です。

これが、昭和アルミの外断熱通気性工法が日本でしかも20数年前より実証してきた、日本で唯一の外断熱通気性リフォームです。

今の住宅が外断熱リフォームをする事により、耐用年数などの耐久力が高まり、耐久性が高い住宅に甦っていきます。