外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
結露による被害の様子(外壁塗装や外壁補修する事により住宅の腐食を早めてしまっている様子)
結露による被害の様子

20061030221802.jpg    20061030221854.jpg
                                                                                                           IMG_4333.jpgIMG_4382.jpg
                                                                                  IMG_4442.jpgIMG_4403.jpg
IMG_4467.jpgIMG_4508.jpg
IMG_4514_1.jpgIMG_4455_1.jpg
                                                                                                                                                                      
何故?このように結露の被害で腐食してしまったのでしょうか?


日本の住宅の99%以上は壁内充填断熱工法【内断熱工法】で家が建てられているのですが、その内断熱工法が結露が壁内に生じる原因の元凶である。


結露は何故起きるのか??
わかりやすい言葉で言いますと、
冷えたコップに空気中の湿気が、冷えたコップに触れる冷やされ、その湿気が冷やされて、水分となる。
これが結露といいます。
住宅の壁の中に断熱材があるということは、家の外と中の部屋の温度座が生じ、冬の季節の間は部屋の中の暖かい湿気を含んだ空気が壁の中を通り、外壁材は冷えていますので、外壁の内側で冷やされて、結露となります。


住宅の場合はこの温度差だけを解決する方法では問題解決になりません。

温度差による結露=目に見えない湿気は目に見えない水分です。この水分子が動いている状態が温度差により水分子の活動が止まって、水分になるこれが結露です。

暖かい温度では水分子は活発に動いていますので、この状態が湿気と言ってます。
この暖かい湿気の水分子の活動が止まると結露になるという事は水分子の活動を止めないようにすれば、結露にならないと言う事です。

逆に言えば、湿気の流れを止めてしまうと温度差のないところでも結露になってしまうと言う事です。


それ故、最近の新しい住宅は外張り断熱工法と謳っていますが、結局のところ気密性を高める断熱方法ですので、湿気の流れができなく、結露になりやすい住宅が多いという事になります。
また、住宅内の湿気対策はここでは多くは語りませんが、簡潔に言えば、24時間喚起システムになっていますが、相変わらず、住宅内では結露が発生して住宅全体に湿気がぐるぐる回っているだけで、どこに結露が発生してカビが発生すれば、そのカビの胞子が家中に広がってしまっているのが現状です。

最新型の24時間喚起システムの住宅でも上記のように結露が発生している住宅も数少なくありません。(機械やモーターで強制的に喚起しようとしても住宅全体の湿気は外には逃げてはいないと言う事です。

上部の写真をご覧になって頂いたように十年くらいの住宅でも外壁材を支えている下地がの木材が結露が発生した水分により腐食してしまっている住宅は日本のような気候では数多いです。

住宅の湿気対策は現在の外壁部分が呼吸するように湿気の逃げ道ができるような環境にする事が住宅全体の湿気対策を根本的な解決に近い方法です。

ですが、断熱効果を上げる為に外壁材は気密性を高める事が効果的だと日本の専門家と称する方は日常で一般的にそのように決め付けておられる方が多いようで、外壁部分を呼吸させるような事を考えている方は殆どいらっしゃいません。

また、外壁部分は定期的に外壁塗装をしていくものだと一般的に常識のように定説されていますが、こんも外壁塗装をする事で余計に外壁部分の気密性を高め、外壁の裏側で結露が発生しやすい状況を新たに作り出しています。

上記の写真画像のように住宅を外からの風雨が守る為に5年毎に定期的に外壁塗装してきた住宅がかえって、腐食しやすい環境になり、外壁を支えている部分の木材が腐食してしまい、腐食している部分を先に補強や補修しないと外壁リフォームはできない状態になっておりました。

簡単に言えば、住宅の外壁は呼吸させるようにしないと住宅の耐久性は短くなってしまうのに、外壁塗装をする事で外壁が呼吸できなくなったので、住宅の外壁が窒息させるような状態になった為、腐食を早めてしまったという事です。

結露は、外壁を支えているコンパネと外壁材を止める為に穴だらけにして防水シートの間、また、断熱材の中や木材の中に水分が溜まり、カビや腐朽菌が発生して、木柱や壁の中の木材を腐食させ、耐久力がなくなります。
家の寿命も短くなっていき、地震が来た時に倒壊しやすくなり、現実に阪神大震災で倒壊して、家の下敷きになり、沢山の死傷者がでる、大惨事になりました。

日本の住宅がこのような結露がでるような内断熱工法の住悪でなかったら!?阪神大震災のように、家が倒壊して大惨事にならなかった・・・・と言って、過言ではございません。

結露はおろそかにできないほど、それほど怖い現象なのです。

人間の生命を守るのが住宅です。 自分の命を守ってくれるのが住宅です。

今、壁の中で何が起こっているのか!? 真摯に受け止めて、事実を知る事が先決です。

 2017062506170434668.jpg                        
  2017062506170434668_1.jpg