埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
またもや! 偽装で社会をにぎわしています。
牛肉加工食製品の牛肉を鶏肉に変えて、流通させていたことが世間に発覚公表され、今、テレビ、ワイドショーやニュースで報道されています。

建設業界や住宅業界に限らず、日常生活の中で口に入る、食のほうの業界も昔から忘れた頃にこのような問題が出てくるのですが、値段を安価に市場に出るという事はその反面、こういう偽装問題や建築業界で言えば、欠陥住宅や手抜き工事住宅を生む原因になるという事であります。

商売や企業は本来は信用を基本にした、ものの考え方であるはず、それが、安価にしないと物が売れない、その中、企業を存続させるには、手抜きをしないと、企業は利益を生まず、衰退し、倒産してしまうから、仕方ないとか、もっとあくどいのは、手抜きや偽装、欠陥で金儲けをたくらんでいる、業者や企業であります。

建設業界や住宅業界の中にはまだまだ、このような問題が大なり小なり、蔓延している、業界の体質があります。

中間マージンが入るような業界の体質をなくして、安価に市場を出すように努力していく事は健全な構造改革ですが、

信用という最も大切なものをないがしろにして、安価に市場を出すという考え方は手抜き工事を生み、それに気づかない、一般消費者は騙されたまま、今の住まいに住んでいたり、口にものを入れている、真実があります。

企業の本来の正当な正しいものの考え方は信用第一のはず、その意識がどうも薄れてしまっているような状況のようですね・・・・・・・!?

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています