外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
真夏日の暑さを解消する=真冬のカビ・結露も解消
真夏日の住宅は熱気がこもりエアコンの効きも悪いですようね。

真夏日はどうしてこのように住宅は暑くなるのかといいますとまずは下記のイラスト図をご覧下さい。

2015083009132521391.jpg



矢印(→)左側の図は暑い真夏日の直射日光が外壁材を熱し、外壁材がその熱量を吸収できず、そのまま、壁内へその熱量を放射し続けています。

その放射熱が壁内に入っている断熱材を暖め、サウナ室のような状態になってしまいます。余計に住宅内は熱気がこもって暑くなり、夜になっても壁内の断熱材にたまったお風呂の中のような熱気がじわじわと住宅内に入ってくるので、夜になっても住宅内はじめじめ暑くて寝られないくらいになってしまうのです。

それを弊社が直接責任施工をしているSOIV工法の外断熱二重断熱通気工法による外壁リフォームをすれば、上記の矢印(→)より右側のように外からの直射日光を新しく設けた断熱材を裏打ちされたアルミサイディングでシャットアウトをし、住宅や壁内にこもってしまった熱気を含んだ高温多湿の湿気を外へ流れ出している様子のイラスト図です。

この湿気の流れる様子は矢印(↑)の中の通気層部分に防蟻断熱材(水蒸気を通す特許技術)を設置する事で可能になった、湿気を流れる仕組みを作る工法です。

この工法が住宅壁内より外側のほうに断熱材を二重構造に設置する事で湿気の流れを作る仕組みの工法に重要な役割を果たしています。

それ故、真夏日の暑さの解消だけでなく、真冬の寒い住宅内がぽかぽか暖かくもあり、壁内のカビ・結露の問題も解決できる効果もあるという事です。


真夏日の暑さを解消する=真冬日のカビ・結露も解消をします。


これは外断熱+二重外壁構造+二重断熱構造+通気層(湿気の流れる部分)だからこそ、できる仕組みです。

住宅内部の内壁や壁の中に断熱材を入れる方法は住宅内や壁内の湿気はこもりやすくなってしまうので、真冬時期の断熱効果は高められてもカビ・結露の温床になり、真夏日は却って暑くなってしまうのです。
窓の二重ガラス構造や住宅内部の断熱材の設置は住宅内の湿気を壁内や住宅内に湿気はこもりやすくなってしまうのです。=住宅の腐食を早めてしまいます。

お勧めはSOIV工法の外断熱二重断熱通気工法によるアルミサイディングの製品を使用した外壁リフォームです。

何故!?アルミサイディングかといいますと、外壁材の中では一番軽くて、地震対策や耐久性において住宅に負担をかけない事、そして高断熱の断熱材が裏打ちされている断熱効果が高いので、軽くて、耐久性があって、断熱効果が高いので、SOIV工法という素晴らしい効果が出せる工法として確立する事ができたのです。

下記のイラスト図はSOIV工法の湿気が流れる仕組みをわかりやすく図にしたものです。




2015083009534021880.jpg


2016101415274425970.gif



昭和アルミSOIV工法


SOIV(ShowaalumiOutsideInsulationVentillation)工法


2016101414503819072.jpg


上記の下地樹脂胴縁(アルミ心材入りのハイブリット樹脂建材)と下地樹脂胴縁の中に設置した断熱材(他社・他メーカーにはない、日本で唯一の特許技術である湿気を通す防蟻断熱材)がポイントであります。

湿気を逃がすという事は熱が外へ流れていくという熱損失がありアルミサイディングに断熱材効果があっても断熱効果は半減します。そのデメリットを防ぐ為、空気のガスが閉じこもったビーズ状になっており空気ガスを閉じ込めたガスのビーズとビーズの間に水蒸気を通す隙間がありますので、空気のガスが閉じこもったビーズが断熱効果のある空気層ができ、しかも湿気が中に閉じこもる事がなく外へ逃げていくという特許技術の防蟻断熱材です。