外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
外壁塗装後に雨漏りがしてしまうのは何故!?

他の投稿記事にも書き、記事を公表していますが、何故!? 外壁塗装後に雨漏りがしてしまうのでしょう?

外壁塗装後に雨漏りがするようになり、雨漏りの補修を何回もするのですが、一時的には雨漏りは止まるもの、また雨漏りがしてくるという相談が年々、数少なくなるどころか、増加の一途を辿っています。

雨漏りをしてしまうと外壁塗装やコーキングでは雨漏りは改善できないです。
それは何故かといいますと下記の図をまず、ご覧を下さい。



2015082913545623840.jpg



左の図のように外壁の断面は外壁材(青紺色のラインの部分)の裏面側には防水シートが設置されています。外からの雨水は外壁面全体のあちらこちらから浸水した雨水が外壁材と裏面に設置した防水透湿シート(防水紙面)の間に、水の通り道となっており、その水の通り道になっている水分がまた、外壁面の至るところの隙間から外へ逃げるように排出されている様子です。

次に⇒の右側の図は外壁面を塗装する事により外壁面が外壁塗装やコーキング(赤色のライン)をきっちりする事により、外壁の表面から浸水した雨水は外へ逃げる事が出来ず、防水シートの裏側(外壁の固定下地や合板部分)に雨水が浸水して流れている様子です。

上記、右側の外壁の構造の断面図には外壁材(青紺色のライン部分)を止める固定釘が防水透湿シートを貫通して、外壁を固定させる下地及び合板(緑色のライン)まで固定釘が貫通しており、外壁裏面に浸水した雨水の水の通り道が防水シートの穴(固定釘で貫通した穴・隙間)から外壁を固定している下地や合板に水の通り道ができ、雨漏りがしている様子です。

雨漏りを防いでいてくれるはずの防水透湿シートが外壁を固定する為の固定釘で穴だらけになっており、今まで、外壁面の隙間などから中に浸水した雨水がまた外へ排出させ、外壁材と防水シートの間の水はけが良かったので、穴が空いている防水シートから裏面に水の通り道ができなかったのに
外壁面が外壁塗装やコーキングをする事により外壁面は塞がれており、水分の逃げ場がなくなって壁内に雨漏りがしてしまっています。これが雨漏りがしてしまう仕組みです。

外壁面に外壁塗装やコーキングしても雨水を浸水しないようにする事は不可能なのです。

何故ならコーキングをした外壁を切断した断面は針の穴のような隙間が沢山あり、外壁外側面に雨水の通り道ができ、コーキングと外壁材のつなぎ目や窓サッシの開口部から毛細管現象により外からの雨水を吸い込んでしまうのです。

それ故、雨が降る度に外壁材の裏面と防水シート(防水紙)の間は外から浸水した雨水の水分の通り道になっており、この水分の通り道の水はけが悪いと雨漏りを起こしてしまうのです。

また、外壁のひびや亀裂・膨らみは外壁裏面の水分の水はけが悪いと外壁裏面は塗装も何もされていず、外壁材は外壁裏面からの浸水には弱いのです。それが外壁表面のひび・亀裂がでたりや外壁塗装膜の剥離・劣化を早めているのです。

外壁面にひびや亀裂が起きたら、外壁裏面に弊害が起きている現象であると過去より言い続けているのは、30年前という過去から現在に至るまで、外壁の構造は改善されず、変わっていず、今だに、防水シートに頼りすぎている事が雨漏り欠陥住宅がなくならない理由で、年々、増加の一途を辿っています。

外壁からの雨漏りがしない住宅は外壁の構造が重要であり、外壁を二重構造にして中に浸水した雨水がそれ以上、壁内に水分の逃げ道ができないように、また、水分の通り道部分の水はけをよくして、浸水した雨水の水分が乾燥しやすいようにしてあげる事が雨漏りがしない外壁の二重構造が最善の方法なのです。

 
 
外壁塗装後に雨漏りがしてしまったという相談

最近も外壁塗装後に雨漏りがしてしまった。

金属サイディングで外壁リフォーム工事をしたら雨漏りがしてしまった。

という相談が多いです。


これは住宅の構造及び外壁の構造をよくわかっていない、専門家でない営業マンやリフォーム業者が飛び込み訪問販売で売り込んできて、

いかにも外壁の専門家のようなフリをして、外壁塗装や金属サイディングを利益目的で契約していくリフォーム工事契約に数多いです。

外壁リフォーム工事をする際は現在の外壁の構造を理解している専門家に工事を依頼をする事が間違いないのですが、

飛び込みで売り込んでくる、営業マンや外壁塗装業者。外壁リフォーム業者は住宅の事に関して全くの素人の知識しかない、悪質なリフォーム業者に外壁塗装や外壁リフォーム工事をさせると住宅は危険な状態になりますので、ご注意を下さい。

そういった業者は外壁塗装をまめにしていかないと住宅は腐食するので早めに塗装をしたほうが良い。
また、金属サイディング業者は住宅を長持ちさせるには外壁塗装を何回もしなければ、ならない、何回も塗装をすればお金の負担が大きいので、金属サイディングのほうが一旦、施工すれば、今までみたいに外壁塗装しなくても良いからといって、金属サイディングを進めてきます。
そういった業者に金属サイディングによる外壁リフォーム工事後、雨漏りしてしまったという相談も数多いです。

今まで、雨漏りは一切、雨漏りはしていなかったのに外壁塗装をしたら雨漏りがするようになって、苦情を言ったら、あちらこちらコーキングを何回もしてもらっても雨漏りが直らず、しまいには、外壁塗装の責任じゃないと言われた・・・等々、

また金属サイディングを施工した後、雨漏りがするようになって、苦情をいったらやはり、外壁の隙間をコーキングをあちらこちらにするのだが、結局、雨漏りは直らないのでどうしたら良いでしょうかという相談も数多いです。


このような欠陥リフォーム工事になるのは住宅の構造及び外壁の構造を理解していず、全く素人の知識しかない外壁塗装業者や外壁リフォーム業者が数多いので、このような手抜き欠陥住宅リフォーム工事になってしまいます。

住宅の外壁リフォームはハウスメーカーや工務店のような専門家ではなく

雨漏りが何故!?起きるのかよく理解している雨漏り改善の実績があるそれを専門にしている雨漏り改善の専門家に任せる事が肝要です。

最近では雨漏欠陥110番・・・というような名称がネット上でいくつか出てきますが、雨漏り欠陥110番といっていますが、

実際に補修している現場を見ると、住宅や外壁の専門家でない、作業人がきて補修をしており、何ともお粗末な工事方法が多いようです。

雨漏りはコーキングや外壁塗装で直す事は不可能です。

皆様方も充分にお気をつけ下さい。

もし、雨漏りでお困りの場合は弊社、施工管理技士、雨漏り改善の監理技術者が現場調査をさせて頂き、雨漏りの原因及び雨漏り改善の方法・ご提案を無料でさせて頂きますので、お気軽にご相談を下さい。