埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
外壁材を外したら、とんでもない状況になっていた!
外壁リフォームをする前に外壁裏面の点検の為に外したらこんな状況に

某上場会社の大手ハウスメーカーの ○○○ハウスです。

施主様はかなりショックを受けていらっしゃいます。まだ築15年くらいです。

家の中には雨漏りはしていません。

最近の住宅はこのような事がまかりとっているようだ感じです。


当ブログでは雨漏りがしていない住宅であっても外壁の裏面は外からの雨水と内部結露で腐食しているケースが数多いので気をつけて下さい。
安易に塗装をすると住宅が腐食しやすい。また、外壁リフォーム工事をする場合は新築工事と同じ工事方法では危険である事を訴え続けていますが、目に見えない部分ですので、うちはカビも出ていないし、雨漏りはしていないし、大手の有名な会社で建てたから安心と思い込んでいらっしゃる方が数多いですが、下記のような状況になっているところが数多いです。

現在、外壁塗装を検討している方、また外張り断熱の外壁リフォームを検討している方、充分にお気をつけて下さい。

下記の画像は大手ハウスメーカーの○○○ハウスで築15年くらいです。



IMG_4333.jpg


IMG_4382.jpg


IMG_4420.jpg


IMG_4445.jpg


IMG_4424.jpg


IMG_4462.jpg


IMG_4499.jpg



このとおり、外壁リフォームは新築住宅と同じ工事方法で施工をすると危険ですという事も当ブログでご紹介をしておりますが、この画像をご覧になられておわかりになられたと思いますが、
通常、一般的に日本の外壁リフォームの業界は新築工事と同じ工事方法で外壁リフォーム工事を行われています。そして正しい工事だと妄信しています。
また、安易に外壁塗装をまめにメンテナンスをしていけば大丈夫だと思い込んでいます。

大切なお住まいです。
一般的なリフォーム業者やハウスメーカー・工務店が行う外壁リフォーム工事は新築工事と同じ内容の工事方法ですので、充分にお気をつけて下さい。

大手ハウスメーカーや工務店から言われているとおりの方法で、新築の外壁工事を請け負っている、サイディング外壁職人にこの現場を見せましたら、過去30年近く工事の実績ある親方職人はショックを受け、今まで30年間も正しいと思っていた工事がこのようになるなんて、考え直さなければならないと、衝撃を受けている表情でした。

参考に、アルミサイディングを施工する上での注意点と欠点を下記のURLを参考にご覧を下さい
http://showaalumi.net/53/135/