外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
ガルバリウム鋼板サイディングは本当に良いのか?

この記事の内容について
●ガルバリウム鋼板について敢えて、欠点はどういったところになのか?

●また、ガルバリウム鋼板サイディングは金属サイディングという外壁材の種類に属するのですが、金属は湿気を通さない材質である事を認識した上で、外壁リフォーム工事は家の外側を覆い隠すようにとして工事をしますので、過去にガルバリウム鋼板の金属ルーフやガルバリウム鋼板サイディングを施工した経験上から、特に注意する点がございますので、その点についてもあげてみました。


●ガルバリウム鋼板を否定する訳ではないのですが後で後悔をされないように、欠点や利点をよく知って頂いた上で、判断されることをお勧めします。

●ガルバリウム鋼板を判断するには取扱い注意が必要です



●ガルバリウム鋼板とは
ガルバリウム鋼板の構成は、鋼板(鉄板)の上に(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなる合金)をメッキしたタイプになります。

(日本ではこのガルバリウム鋼板を素材にして製品化したのがガルバリウム鋼板ルーフ(通称名金属ルーフ)、ガルバリウム鋼板サイディング(通称名・金属サイディング)等なのですが、外部に晒される目に見える部分をガルバリウム鋼板の表「アルミと亜鉛の合金部分のメッキしてある部分」に塗装を加工してあるのですが、裏面は合金はメッキされていない部分になります。)


●金属は傷がつきやすいという欠点があるため、主の成分は鉄板の場合は傷がついたところは酸化をすれば、赤錆等の腐食が発生し、そのままにしておきますと、赤錆の腐食は広がっていき、大きな穴が開いてしまいます。


●傷がついた時、ガルバリウム鋼板の場合は、メッキしてある部分の合金のうち、亜鉛が酸化して腐食すると溶けて流れるとという性質を利用して傷がついて、外部表面露出した鉄の傷を塞いで耐久性をアップさせようと開発したのが発端であります。


●このガルバリウム鋼板は米国で開発して生まれたのですが、その米国の住宅の金属サイディングの市場ではガルバリウム鋼板よりアルミサイディングのほうが圧倒的に多く、
世界中の先進国の中では日本が一番普及してきました。


それは何故?なのでしょうか?
●ガルバリウム鋼板と比較してアルミサイディングのほうが腐食性しにくく耐久性があるからなのでしょうか?
●アルミサイディング等、他のアルミ合金金属の素材した製品は圧倒的に日本より米国のほうがシェアーが普及しております。


●日本では、アルミよりガルバリウム鋼板のほうが普及しているという理由のひとつは、日本国には建築基準法における、耐火基準という法令がありますので、『鉄』は耐火基準に認可されているという事で、新築住宅ではガルバリウム鋼板サイディングは外壁材として、ガルバリウム鋼板ルーフは屋根材として、単体として使用しても良いという法令基準がありそれが大きな要因のようです。


それはさておき、ガルバリウム鋼板は日本においては今までの鋼板(鉄板)よりは耐食性に優れているという事で広い分野で使用されております。

つい先日もテレビにおいても紹介されていたようです。

確かに今までの鋼板(いわゆる、カラートタンと言われているトタン板等の鋼板)から見れば、比較して耐久性は格段にアップしているといわれているのですが、実際はどうなのでしょうか。

最近の日本においては金属サイディング外壁材や屋根材の素材として、耐久性があるという事で広まっているようですが、このガルバリウム鋼板製の屋根ルーフや外壁材を実際に施工された、住宅を見てみますと、大なり小なり、サビ(赤錆や白錆)がでて、腐食しているようです。これは事実です。

●(赤錆について)
ガルバリウム鋼板には金属特有の傷がつきやすいという欠点があり、その傷から殆ど、赤サビなどの腐食が広がっていきます。また、ガルバリウム鋼板の表面には塗装コートで金属面を守っているのですが、それでもその表面に金属(鉄粉等)の粉等が付着して、その粉が錆びて、ガルバリウム鋼板にもらい錆をして、腐食してしまっているようです。これは腐食して赤錆になる原因のひとつです。


●(白錆について)
ガルバリウム鋼板は鉄板(俗にいうトタン板)の上に亜鉛鋼とアルミとの合金をメッキしてありますので、
これは亜鉛という金属に特に発生するようなのですが、その亜鉛に酸性雨などの強酸性物質、強アルカリ性物質(セメントなどのアルカリ性物質また、この成分は黒点現象も起き、光沢がなくなり黒っぽくなってきます)、潮風に含まれる塩分(食塩など)が付着すると腐食して白錆になります。
海に近い家や海上輸送の船舶においては海水がかかるものは特に腐食しやすくなります。

メッキ亜鉛鋼を製造しているメーカーではこのようにいっております。

(白さびの発生を防止したいときは、保管時の環境に留意せねばなりません。 すなわち雨や露にできるだけ濡らさないこと、および 通風をよくして濡れた場合、すみやかに乾燥させることが必要です。)

といっておりますが、白錆は赤錆のように広がるような腐食が広がって大きな穴が空くほどの広がるような腐食はないのですが、外壁材としてガルバリウム鋼板の金属サイディングにした場合、補修メンテナンスがなかなかできない為、施工後、あっちこっちに白錆が出て、見た目がかなり腐食しているように見える住宅を多く見かけます。


●(また電食という腐食もあります。)これは、ガルバリウム鋼板以外のステンレス等のように、金属種類が違う金属(異種金属)と接触すると電食(雨水などに溶けた水溶性物質になると電位が生じやすい)という腐食が起きてしまいしまいには穴が開きます。(これはガルバリウム鋼板の製品の上にステンレスの釘とか異種金属のきれっぱし、異種金属の粉が付着しているとそういう現象が起きて穴が開きます)

●(以前、5〜6年前の欠陥住宅特集の雑誌にも掲載された話ですが、埼玉県のある工務店が屋根、外壁、雨樋の素材をすべてガルバリウム鋼板の金属の製品で新築をたてなのですが、築2年で、雨樋の横樋に腐食して穴が開いたり、外壁や屋根にもらい錆などの腐食がひろがり、施主様からこれでは家が10年持つかどうかわからないと大きなクレームになり、その後、ガルバリウム鋼板の製品を使用しての新築工事には使用しなくなった・・・というような内容が雑誌に掲載されていました。

ガルバリウム鋼板は通常の鋼板より耐久力がありますが場合によっては数年でさび等腐食するという事実があることを念頭に入れて、ガルバリウム鋼板を素材にした製品を本当にそれで良いのかどうかという事を慎重にご判断をされたほうが良いかと存じます。

ガルバリウム鋼板は、10年20年持つと言われ施工したのに、10年経つ前に赤錆びが出て、失敗したと後悔される方も数少なくはないので、十分に知って頂いた上で、施工したほうが、納得の上で施工する訳ですから、後で後悔はされないかと存じます。


弊社のほうにガルバリウム鋼板を施工後に苦情相談で寄せられた相談者様の話では、
●今まで、ガルバリウム鋼板は耐久力や耐久性が強いと言うことで、ガルバリウム鋼板サイディングやガルバリウム鋼板屋根ルーフをされた方は赤サビなどで腐食してしまい、こんな事になるならガルバリウム鋼板で外壁リフォームや屋根リフォームをしない方が良かったと後悔をしている。


●実際に取り扱ったリフォーム業者さんよりお話を聞いたケースですが、ガルバリウム鋼板を製造している会社から耐久性が良いと言われ、お客様にもお勧めをして、リフォームで使用したが、施工後、錆びてしまい、製造メーカーに10年保証付きなので、保証してくれと言いましたら、保証できないと言われて、お客様からの信頼がなくなり、信用なくするので、もう二度とガルバリウム鋼板を扱わないと言っておりました。


●また、お客様から聞いたお話ですが、実際にガルバリウム鋼板を施工して、そのガルバリウム鋼板を主として製造しているメーカーも耐久力があると言うことで、ある業者さんにそのガルバリウム鋼板サイディングやガルバリウム鋼板を素材とした、屋根ルーフをされた方が、施工後数年で錆びてしまって、その施主様が納得いかないという事で裁判されたという話まで過去にありました。


●所謂、製品を出荷する時は10年保証付きだが、現場で加工する為に切断をしたら、その時点で10年保証から外すという保証規定を出しているという各メーカーの一般的な保証規定の内容のようですので、
(赤錆、白錆、電食は、加工して施工後、起きる外部的要因による腐食は一切保証しない規定です)
それは、そうですようね、現場では加工したり切断したりしますので、切断面は鉄金属がそのまま露出しますので・・・。
これについては製造メーカーへ直接確認をされたほうが良いかと存じます。



弊社、昭和アルミもガルバリウム鋼板の金属サイディング材は取り扱う事はできますが、アルミサイディングは良いが、高価なので、ガルバリウム鋼板のほうが安価なので・・・・という理由だけではお勧めしていません。ガルバリウム鋼板の場合は後で、必ず、足場をかけ、補修メンテナンスが必要になってきますので、そういうものであるという事を理解した上で、判断をされたほうが良いかと存じます。


その際は、ガルバリウム鋼板を施工する場合は、建物の長さや形にあわせて切断加工をして、施工しますので、その本体の切り口及び、出隅、窓廻りの見切り部分の役物の切断面が、施工後、錆びていき、その赤錆びが広がって、腐食していく可能性が大きいので、そういうものだと言うことを認識をされた上で、ガルバリウム鋼板をされた方が良いと存じます。



弊社、昭和アルミでも、工務店さんや、リフォーム工事店さんに他業者はガルバリウム鋼板の製品で安く見積りを出してきて、金額の競争においてはアルミは高価という理由で負けてしまうので、どうしてもガルバリウム鋼板を卸してくれという依頼の注文があり、
過去、ガルバリウム鋼板を素材とした外壁サイディングや屋根ルーフを使い、施工させて頂きました。

その際、切断する時の金属の粉が製品についている可能性がありますので、その粉をエアーでよく吹きとばしたり、施工する箇所にステンレスなどのガルバリウム鋼板とは違う金属はないかどうか、あっても接触させないように気をつける、なるべく、軒天やバルコニーの下などにはガルバリウム鋼板を使用しない、雨水などの水滴がついた場合、その部分がかわきにくいので、腐食しやすい。

それにもかかわらず、施工後5年くらい経った時点では、やはり、加工した切り口は赤錆びで錆び、外壁部分で雨水の乾きにくい箇所は白錆が沢山出ており、金属ルーフの軒先部分が特に赤錆が酷くなって、全体的にもらい錆などの原因で赤錆が広がっていたという、過去の苦い経験もあります。


【現にガルバリウム鋼板施工中においても雨が降った時、その翌日、切断面はすぐに錆びていました。

参考に最近インタネット上で公開されているあるサイトにガルバリウム鋼板が腐食してクレームが起きているという他サイトのニュースの記事をも見かけましたので、参考にURLをご紹介します。下記URLがその記事を紹介しているサイトです。


経済新聞のグループ会社の日経ホームビルダーという雑誌に関するURL↓
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const07q2/534029/


また、ガルバリウム鋼板のような金属サイディング製品の他にアルミサイディングという製品もあるのですが、ここで、どちらの方が良いかという製品自体の比較をする前に最も重要で大事な事があります。


それは、工事方法です。=湿気対策を考えない工事は危険です。


ガルバリウム鋼板サイディング、アルミサイディング製品という金属サイディングの製品を使用して、外壁リフォーム工事する際なのですが、
それらのような金属サイディングという製品を外壁リフォーム材として選択した場合、
●外壁リフォーム工事として経験の浅い工事人や 新築住宅の外壁工事を20年30年として経験をした工事職人が経験が長い分、その通りの新築工事と同じ工事をしますと住宅を長持ちさせるどころか、逆に腐食を早める事になり大変危険な事になってしまいます。


●(20年30年と経験して熟練した職人だから安心という訳でありません。それは、ただ、正しいと思い込んでいる工事方法で年数、数をただ、こなしてだけなのです。そういう工事人は熟練工とは言いません、正しいとされている工事が工事終了後、目には見えない、外壁の裏側や壁内のわからない部分にどんな工事をすると危険な状態になるのかを、認識してその苦い経験をいかに克服して改善できるような工事をするかという事を1件々、日々努力をして日々改善していくという事をいかに努力してきているかにつきます。そういう職人は熟練というより優秀な職人と言ったほうが良いのかもしれません。)


■(そういった職人を確保しようと100人、200人と面接して現場を見させて頂いて、昭和アルミの工法をその職人に指導して工事ができるような職人であるかどうか、判断していますが、弊社の工法を理解して現場にて実践してくれるかどうかという意味では全体の1%くらいしかいないという現状であると言いますか、職人さんはからだで職を身に付けてきたという自負がありますので、頭では理解はしてくれますが、からだのいうことがきかないといいますか・・・。)


●過去より20年30年経験してきたとい自負している親方に弊社昭和アルミSOIV工法を理解してもらおうと現場にて指導してきた事を一つの例として参考にいいますと、
ここをコーキングしておかないと外からの雨水が心配だから今までの経験はそこをコーキングをするという作業はその箇所のコーキングは親方職人は正しいというが、今、工事をしている住宅の外壁の環境(住宅によって一軒、一軒、外壁の環境は違います)は、違うところからも雨水の通り道になっていれば、そこを塞ぐとかえって雨漏りがしてしまう原因を新たに作ってしまう事になり、おまけにそこをコーキングをすると湿気が閉じこもる事になるのでそこはコーキングしないほうが良い、また、外壁面の違う箇所においてについて、ここをコーキングしないと、今度はこちらに雨水の通り道がこちらにきてしまい、内部に雨漏りしてしまうので、ここはコーキングして、こちらはコーキングしないほうが良い・・・・というふうにわからなかったら、余計なところにコーキングをしないほうが良いので、極力コーキングをしないように外壁工事をするように・・・といったような指導をするのですが・・・細かいところまで今迄の新築工事で外壁工事をしてきた経験がからだにしみついてしまっているようで、からだでわかってもらうまで、難儀はしますし、時間がかかります・・・といった内容で、


●(おそらくですが、一般的に新築住宅や外壁リフォーム工事ではコーキングを細かいところまできちんとしないとコーキングの仕方が素人みたいだ・・・これではいい加減な工事をしているのではという苦情クレームが数多い為、その部分を意識して工事職人が工務店やリフォーム業者さんから口すっぱく言われていて、お客様から苦情がこないように目に見えるところは綺麗にするようにと指摘されている昨今の現場における風潮があるせいなのかもしれません。)


●雨漏りしない住宅とは、先に説明しましたように、外壁及び外壁の裏面は雨水の通り道になっていますので、外壁の裏面に浸入した雨水の通り道をそれ以上壁内にいかないように雨水の通り道を外側に逃げていく通り道を作ってあげる事が雨仕舞いが良い、雨漏りのしない住宅になるのですが、
そういう事を考えないで、外壁面を隙間なくコーキングをしてしまうと雨漏りをする原因を数多く作ってしまう事になり雨漏りしやすい住宅になってしまうのです。


外壁塗装した後、雨漏りがするようになったという苦情相談も数多くありますので、それを例にして説明しますと、
外壁塗装工事の場合ですが、(外壁塗装の場合は外壁面を綺麗に塗装すると隙間もすべて塞ぐ事になりますので、雨水の通り道で外に逃げていた部分が外壁塗装する事で今度は雨水は壁の中に逃げ道を作って通り道にしますので、雨漏りがするようになって、外壁塗装やコーキングでは雨漏りを根本的に直す事ができないのはこのような理由からなのです。

・・・と外壁塗装の部分も例にして説明しましたが・・・そういったような職人が殆どですので・・・
。弊社のSOIV工法を施工できる職人の数は思うほどにはなかなか増えないという状況です。・・・ひとりごと)


●何故ここまで、言うのか?言いすぎでは?また、話がくどいように思いになられる方もいらっしゃると思いますが、
現在の新築住宅の外壁工事の職人でベテラン職人は数多くします。
こういった職人は家の外からくる風雨を守る為、雨漏りを防ぐ、仕事が丁寧でお客様から喜ばれるというベテラン職人を否定するつもりはありません。
そういった、ベテラン職人は窓回りなどの開口部のコーキング等の施工処理は綺麗に仕上げていきますので、
綺麗に仕上げる=お客様に喜ばれるという視点ではとても素晴らしいと思います。


●しかしながら、そういったベテラン職人が施工した住宅の外壁は外からの風雨に堪えられるように細かいところまで、施工しますので、外壁部分は優秀な職人ほど、気密性が高まります。


●気密性=家の壁の中の湿気を閉じ込めてしまう
という図式になってしまいますので注意が必要になってきます。


●新築工事の外壁工事において、窯業系サイディングを工事する職人の事をサイディング職人と通称呼んでいます。
その新築住宅の外壁工事をしているサイディング職人と同じ工事方法で金属サイディングを新築住宅、中古住宅の外壁工事をしますと、まず、住宅が湿気がこもり結露が発生しやすい住宅環境の外壁の構造になってしまいます。

実際、弊社のほうに新築住宅の欠陥住宅の苦情相談の内容において、統計をとってみますと、10年ほど前までは、

●圧倒的に外壁施工不具合及び外壁のヒビ・外壁材の「そり=反り=外壁材が反ってきて外壁材と外壁材のつなぎ目に隙間が出てくる」・コーキングの劣化等が原因で、住宅の雨漏り欠陥住宅に関する苦情相談がNO1でダントツ!トップでNO2の順位としてカビ・結露の苦情相談の数だったのですが、


●最近、3年前から、カビ、結露に関する苦情相談が雨漏り苦情相談をはるかに飛び越え、NO1の数となり、年々と言いますか、月を越えるごとに(カビが家全体に出るようになった・結露が酷い・白蟻が発生した)に関する苦情相談が増加の一途を辿っております。


何故!?そうなったと言いますと、新築住宅の外壁材としてガルバリウム鋼板サイディングの需要が伸び、窯業系サイディングやモルタル壁のように外壁のひびや「そり」といった問題が解決ができると住宅業界、リフォーム業界にいる工務店、ハウスメーカー・リフォーム業者が判断をして普及するようになり、外壁のヒビ・反り・コーキングの不具合というクレームをなくす為とか雨漏り欠陥住宅をなくす方向性を視点にして重きをおいてきたからなのです。
(しかも外断熱効果があって断熱性能もあがるという利点もありという理由で)


●実際にある中堅ゼネコン(本社事務所に建築士が50人以上いる)の現場監督者から聞いた話ですが、2000棟クラスの分譲住宅を建設する場合、最近の外壁材の反りが原因で、コーキング施工した箇所に隙間ができ、お客様のクレームが多くて頭をかかえているという話を聞きました。

といったような事で、湿気がある程度外へ逃げるような外壁材であれば良いですが、金属サイディングのような製品をきっちり隙間なく、外壁工事をすればどうなるかと言えば、


外壁の気密性を高める⇒断熱性能が高まりますが、湿気が中にたまり、結露が発生するようになり⇒家全体の結露が酷く、腐食しやすい住宅になります。その先はそのままにしておけば、住宅の倒壊の危険性地震に弱い住宅になり危険な状態になってきます。
(補足しますと、外壁塗装も外壁にヒビが入ったり、コーキングが劣化するからとその度にきっちり塗装メンテナンスを繰り返していくと同じような状況になり危険な状態になってきます)


(大げさにいっているようにに感じられる方もいらっしゃると思いますが外壁リフォームを昨今施工中に白蟻が発生している事が発覚したという住宅を数多く見てきた経験上から、申し上げています。)


金属サイディングにてきっちり外壁工事をするという事は外壁面の気密性を高める事になり湿気が閉じこもってしまう住宅になるので注意が必要です。

●これについて、建築士などの専門家の一部は外壁を外へ逃がすという事は気密性がないので、断熱性能はなくなるし、雨水も外壁の内側に廻ってしまうので、こういった外壁リフォーム工事は無意味である、住宅の湿気の問題は家の内側で解決すべきだという見解です。

●一般的に外壁工事は外からの風雨対策や住宅の断熱性能を考えた場合、外壁面は気密性を高めてしまう事になる外壁工事方法が正しいといっているように聞こえます。

それ故、弊社のほうに寄せられる苦情相談においても、カビ、結露の苦情相談が増加してきた理由なのでしょう!


その重要な危険性をもった工事内容というのはどのようなものなのか、当ブログの他記事を見て参考にして頂ければ幸いに存じます

●昭和アルミの外壁リフォーム工事の工法はそういった、気密性を高めると湿気が閉じこもるという相反する問題を解決する為に最善な方法を過去の外壁リフォーム工事の問題点を経験してきたその蓄積から生まれた工法です。



こちらの文字リンクをクリック↓↓↓↓↓


アルミサイディングの欠点とはアルミサイディングの工事方法を間違えると危険です






2014100616121420058.jpg



上記の昭和アルミ独自工法のSOIV工法については当ブログののメニューのカテゴリ昭和アルミSOIV工法の部分を参照して下さい。

また下記文字リンク↓↓↓の昭和アルミのホームページ及びブログサイトを参照下さい


昭和アルミ株式会社公式WEBサイトこちらの文字リンクをクリック!


昭和アルミオフイシャルサイト内公式ブログこちらの文字リンクをクリック!





 
 
ガルバリウム鋼板腐食等に関する相談メールの内容
メニュー名 : お問い合わせ
サブメニュー名 : 欠陥住宅リフォーム・手抜きリフォーム工事に関するご相談
タイトル名 : 欠陥住宅リフォーム・手抜き工事無料リフォーム相談室:昭和アルミ公式ブログフォーム
--------------------------------------------
【1】 項目名称 : お名前
   回答     :個人情報保護により削除してあります。

【2】 項目名称 : 郵便番号
   回答     :個人情報保護により削除してあります。

【3】 項目名称 : 住所
   回答     :東京都

【4】 項目名称 : メールアドレス
   回答     :個人情報保護により削除してあります。

【5】 項目名称 : 電話番号
   回答     :03-

【6】 項目名称 : ご相談内容
   回答     :欠陥住宅に関する事について
手抜き工事に関する事について

【7】 項目名称 : お問い合わせ内容
   回答     :8月03日にガルバで外装の外断熱5階建て賃貸併用住宅を新築。
大波板使用したが、コウキングされていない為に
内側に雨水を進入させ、そのまま地上まで流す方式を採られ、疑問。
窓などの開口部も大波部分がはみ出したまま、
現に、そこからだと思われる、雨漏り発生。
また、現場、裁断部分の処理されていないため、
断面より錆び始めている。
施工業者が空けた穴がそのままに放置されている


--------------------------------------------

上記は相談メールを頂いた内容を個人情報は省きそのまま掲載しています。