外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
木材は地震に強い
五千五百人を超す犠牲者を出した、阪神大震災。発生が未明であったため、多くは住居の中で犠牲者となった.
就寝中の中か、或いは、寝起きして間もなくの時に起こりました。
安穏の時、安住の場所がいきなり、一瞬のうちに悲惨な場所になってしまいました。
住む人々の安全と生活を守るべき場所が地震によって、一瞬に倒壊し、また、ある住まいは火災で焼失してしまいました。
実際に体験された方からもじかにお聞きしました。身内の方が家屋の倒壊により下敷きになり亡くなられたそうで、現在の今でも思い出す事もかなわないほど、心の中にトラウマとなり、悔やんでも悔やみきれなさが空虚となって、いまだにこころの傷だけが残っている心境の話をお聞きして、なんと言って良いのか、わかりませんがご察しするのにあまりある話を聞かせていただきました。
『一つだけ言えることがあります。一瞬で地震がきて、一瞬で住宅が倒壊し、下敷きになる、地震がきてからは、遅すぎるのです。』
木造住宅は地震に強いのか?
平成7年に阪神大震災があって、もう10年も経っており、体験された方はずーっとその体験された事が忘れずにその恐怖という恐さが記憶に残っているのですが、実際に体験されて無い方は人の噂も49日といいますか、忘れ去られてしまって、悪徳リフォーム業者の耐震補強詐欺工事によって、思い込まされ、どうして、住宅が倒壊をしたのか、事実を知らないまま、悪質業者から地震がきたら、ただ、倒壊してしまう・・・と恐怖をあおられ、間違った、耐震補強工事をして、リフォーム詐欺にあっている方が数多くいらっしゃいます。

どういうた建物が倒壊してしまったのか? 倒壊しない家はどういう家だったのか、今一度、正しい認識を新たにする事により、間違った、リフォーム工事をしなくて済み、家の維持管理において、失敗しないリフォームをすることができると存じます。
『阪神大震災は何故大きい被害になったか?』
家屋が倒壊しますと、住む人への生命の危険、電気配線・ガス、水道管の断絶そして、火災が発生して、隣家に燃え移ったり、隣家に自分の家が倒壊し、被害を与え、家だけでなく、大きい外塀が道路側に倒れ、人や車に危害を加え、そして、救助や消防活動を妨げ、こういうことが連鎖をして、被害を大きくしていった訳なのです。

また、倒壊した家の下敷きのなって、逃げ遅れた為に助かる生命を失ってしまったという数多くの亡くなられた被害者、実際に体験された方は思い出すだけでも、いやだ、早く忘れたいが、忘れる事ができないと、いまだに苦しんでいる方の話をお聞きします。 こういう思いは二度としたくないですし、こういうような、大きい被害の惨事にならないようにしていきたいものです。
『建物の倒壊だけでも避けられば、被害は最小限の抑えられます』
建物の一部が壊れても、倒れさえしなければ、避難も出来るし、家財を持ち出せまし、後の建物も応急処置を施せば、生活も可能ですし、その後の建物の補修工事も少なく済みます。

日本の住宅は最も多く建てられている一戸建ては木造軸組工法で建てられた、家屋が多く、倒壊した建物が多いのですが、倒壊しなかった家屋もあります。

今後の住宅の維持管理のメンテナンスにおいて、この大震災の教訓を生かす事が重要です。

木造軸組工法のような在来工法の場合、地震で倒壊する被害のあった建物は建てられた年代が比較的に古いものと新しいものとでは被害の大きさが違いますが、ただ、年数が古いから地震で倒壊したのだと早急に判断をしない方が良いと言う事がわかってきました。
確かに新しい年数の建物は新潟地震・十勝沖地震・宮城沖地震の経験が今の建築基準法や住宅金融公庫の仕様に反映され、耐震的な対策が盛り込まれようになった為、倒壊は少なかったのですが、新しい建物でもカビや湿気が出やすい建物は倒壊しており、最近の住宅環境で、カビや湿気のでない住宅という事がクローズアップしてきたのは、住環境の問題もありますが、カビや湿気のでる建物は建物の重要な構造である、柱の部分まで、カビやシロアリがでるようになれば、柱の強度も弱くなり、地震に弱い建物になってしまいます。

新しいもの建物として、倒壊しなかった建物として、プレハブ住宅、ツーバイフォー工法、などには被害が少なかったという事実もありますが、今、これらの住宅はカビ、湿気などのシックハウス問題やこれから、年数が経つにつれ、木造軸組工法よりも、湿気などの問題で、住環境が悪いだけでなく、耐久力が低いと言う事で問題になり、最近では、外断熱工法という言葉、断熱効果が高く、カビや湿気がない、耐久力の高い、外断熱工法の住宅という建物が増えてきました。
『建物の維持管理は重要で大切な部分です』
阪神大震災の倒壊しなかった建物の中で古い建物でも倒壊をせずに被害を免れた、木造住宅も数多くありました。

それらの建物は日頃からの維持管理などの手入れをしっかり行き届き、柱などの腐食がなかった、木造住宅は倒壊せずに残っておりました。

逆に地震で倒壊してしまった、建物は手入れをしないままの状態にして、土台や柱が腐ってしまっていたり、シロアリの被害が多かった建物が倒壊をしていたという事実がございます。

その原因の一つとして、

『壁の中の柱や土台は外からは見えずに腐食の状態がわからなかった事』

『住宅を火災から守る為に外壁に使用されているモルタル壁です。』

木の弱点は『腐ること』 と 『燃えること』 です。
その燃えることの弱点を燃やさないようにする為のモルタルが木を腐らせる原因になっておりました。
この外壁モルタルが剥がれ落ちる被害も目立ちました。その原因の多くは、下地の構造に原因にありました。 
モルタルの付着をよくする為に金網【ラス】を張るのですが、このラスと止め釘が錆でボロボロのものでありました。

『モルタル壁の性質の一つに硬化収縮現象による、モルタル壁自身が収縮してひび割れがするという現象があり、これは、雨漏りの原因ともなっており、また、結露もしやすい素材です。』

年数の新しいうちはよいのですが、耐久性では不十分でありました。

最近では、窯業系サイディングも普及してきましたが、やはり、雨漏りがする外壁材としても国民生活センター等にクレームなどの苦情相談が増えていると同時に耐久性においても、モルタル壁と同じで、性能の持続が疑わしいかぎりでございます。

『木造住宅の良さは木材自身を良くすること』
日本には世界最古の木造建築と知られる法隆寺も今まで、先人が維持管理などの改修などの手入れをして守り続け、震災や火災などから耐え抜いてきました。木自身も年数が経つ事に強度が強くなり、いまでもその堂々たる風格と美観性は見事でございます。

20年、30年をしたら、建替えるという、新しくすれば良いということではなく、新しくするだけでは、技術は進歩をしません。建物を長持ちさせることは建築文化を熟成させることであり、伝統や経験に学び、新しい技術を加えることでより良くなってきております。

『アメリカやカナダでは中古住宅の方が価値があり、新築住宅より高く、売られています。』

『木は本来であれば100年・300年は雄に耐久力があります、それだけ耐久力があるものを10年や15年〜30年で駄目にすると言う事は好ましい状況で使われてないと言えます』

木に含まれる水分の率は含水率と言うのですが、その含水率20%を超えるとカビが発生しやすく、腐朽菌や白アリが活動しやくすなります。逆に感想してくると強さを増し、狂わなくなります。

自然に育った木に適した環境は人間の生活空間としても好ましい環境であります