外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
安心リフォームのすすめ
考えてみてください。時々TVでやっていますが、文化財の修理の模様。今回修理したら、何百年も前の修理のときの記録があったという報道がなされます。
これらの木造建築物はその間修理がなされなかったわけです。ムカシの人々が作った建物が何百年も、修理しないでOKなのに、何故技術力の遥かにすすんだ現代の建物がこんなに修理・修繕を必要とするのでしょうか。
修理・修繕しなければ、やがて倒壊してしまうという結果だけは予想されるので、修理せざるを得ないわけで、修繕するのですが。

そもそも、何故こんなに弱いのか。日本各地に点在する五重塔はこれまで幾度となく襲ってきた巨大地震でも一度も倒れたことがないのに、何故現代の建物は倒れるのか。不思議に思ったことはありませんか。

何故日本の家屋は耐久性がないのかは次ページで述べることとして、少しでも、耐久性のある手間のかからない家にしていくのが肝要です。

モルタル壁のひび割れやはがれなどをそのままにしておくと、外壁の木部が腐食し内部へと移行し、家全体の寿命を大幅に縮める原因となります。

また、鉄板を使ったサイディングのさびはどんどん中に進行していき、強度や耐久性を失わせてしまいます。
酸化するとポロポロになって分解してしまう鉄と違って、もともとアルミニウムは酸化することによって、表面に強力な幕を形成します。
当社がアルミ材を推奨する理由もここにあります。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています