外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
壁内結露がでている住宅を救うには?
住宅の壁内結露は内側の温度と外側の温度差が原因で生じるのです。

その温度差を失くしてあげれば、結露がでなくなります。

温度差とは、今の外壁の温度と部屋の中の温度の差を少なくしてあげることなのですが、外壁材は外側の気温に変化していますので、その外壁材が外側の温度が低くなったり、高くなったりした時、同じように低くなったり、高くなったりしないようにすれば良いのです。

それには、外壁材の外側に断熱効果があるようなものがあれば、外壁材自身が変化しなくなります。

その方法として、今の既存の外壁の外側の部分に断熱効果のある外壁材を施工すれば、今の外壁材はその上にある断熱効果のある外壁材に守られ、今までみたいに外気の温度変化にあわせて、温度変化しまくなり、部屋側の内壁の温度との温度差がなくなり、今まで、壁の中に温度差が原因で生じていた、結露が発生しなくなります。
これが、外断熱の効果であり、通称、昭和アルミではSOIV工法(外断熱二重断熱通気性リフォームと言っており、既存の外壁に胴縁工事という下地工事をして、新しい、断熱効果のある外壁材をすれば、通気性をもたせる事ができます、さらに、胴縁と胴縁の間に通気性をもたせるように別に防蟻断熱材を施工すれば、この外断熱の効果を空気層と二重断熱材(防蟻断熱材アメリカ特許技術取得)・(アルミ外壁の断熱材)をあわせて、二重・三重の相乗効果が働きますので、より効果的に断熱効果を高める事ができます。
これは昭和アルミでは通称SOIV工法と言っている工法です。

詳しくは、別記事の 昭和アルミ独自工法SOIV工法工法とはを参照下さい。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています