外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
外壁材の歴史及び真実!?

外壁材について

今、日本の住宅で一番多い外壁は建築基準法や消防法の法律により外壁を防火仕様にしなさいと言うことで、モルタル壁が一番多く、次いで、窯業系サイディングの外壁が多く一般的に各地区の工務店さんや住宅メーカーが採用して家を建てているようです。

日本の気候は温暖湿地帯ということで、本来なら、昔から農家の家は床が高く風通しの良い家で、屋根も軒先が長く、直接雨が外壁にかからない構造で、外壁はワラで編んだ施工で【土壁】が一番通風性がよく、50年100年経っても家の寿命がもつ、木造軸組の工法の家が日本の風土にあっているのです。それが100年以上も歴史のある、日本の先人の知恵による家の建て方で、とても理想的な住まいだったのです。

今の日本の住宅の屋根と外壁は外から雨を守る為に数年毎に塗装というメンテナンスをいわゆる外壁塗装・屋根塗装していかなければならないと寿命が長くもたたない家になってしまいました。

なぜそのようになってしまったのでしょう?

日本の風土には土壁が一番合っているのですが、農家や地主のように大きい土地に家を建てるのであれば、外壁に直接雨がかからないように軒先を長く出して、家を建てる事ができるのですが、一般の庶民が家を持とうとすれば、土地を大きく買うお金がなく、小さい土地の上に家を建てようとします。

小さい土地に家を建てる場合、外壁を土壁の場合、雨をかからないようにしようと、屋根の軒先を長くしようとしましたら、お隣の屋根と自分の家の屋根がぶつかってしまい、軒先を長く出す事ができず、今のような家の軒先の長さになってしまいました。
そうすると、雨が外壁に直接かかるようになり、土壁ですと雨で土壁自身が崩れて、流れてしまいます。

それで、均一の木の板材で下から板を重ねるように外壁を作っていきました。その外壁の工法が下見張り工法と言って、その外壁に使用された、均一の板材の事を下見板と言ったのです。

それが、今のサイディングというデザインの元になりました。昭和初期までそういうような木の外壁が多く建てられたのですが、昭和23年福井地震があり、第二次火災で福井の街が全焼してしまい、昭和25年に今の建築基準法の元になる法律ができ、外壁を防火仕様にしなさいということで。

日本全国にモルタル壁という外壁材が普及したのです。当時のモルタル壁は最初に細かい砂を配合して、作った、モルタルを塗り、次に2度目・3度目と粗い砂を少しずつ砂粒を大きくして、モルタル壁として外壁にしていきました。これは、モルタル壁はひびが入りやすい性質があり、外壁の表面のひびを入りにくいようにする為です。【当時のモルタル壁は20ミリから25ミリモルタル壁の厚さがありました。】

ですが、最近の外壁は殆ど90%以上8ミリ〜10ミリくらいで、建築基準法では16ミリ以上の厚さにしなければならないのですが、殆ど、建築基準法違反の外壁の暑さになっています。
【それで、昔よりひびが入りやすくなり築2〜3年でモルタル外壁がひびが入りやすくなったのです。】

それ故、外からの雨の侵入を防ぐ塗装のメンテンスは2〜3年に1回毎に塗装していかないと外から雨が入ってくるという、手抜き外壁=欠陥住宅という事態になってきたのです。

理由は昔のような20ミリまたは、建築基準法のような16ミリ以上のモルタル外壁の厚さにするようにするには、左官職人さんが3回から4回手間をかけて、モルタルを塗っていかなければならないのですが、新築工事に於いて、建築主または工務店より、それだけ、モルタル壁をの厚さを塗るだけの外壁工事の予算=外壁工事手間費 のお金が廻ってこないのです。【それ故、手抜外壁工事になったのでしょう!】

最近では窯業系サイディングで質感のあるものが新築住宅で多くなってきたのですが、その窯業系サイディングも安さが売りですので、見た目は高級感があって質感が良く、長持ちがするように見えますが、モルタル壁ほどひびは入りませんが、やはり、耐久力はなく、数年毎に塗装したり、コーキング目地を補修メンテンスをしていかないと、雨漏り住宅になってしまうという、外壁構造欠陥住宅という言葉から抜けない住宅を沢山作り出しています。【窯業系サイディングの事については他の記事で紹介をしています】

本来なら、新築工事で外壁工事にかけなければならない最低限のコストがあるのですが、そのコストも削減した結果、後で、外壁のメンテナンスという維持費が逆に負担として、大きくかかるようになってきたのです。

日本以外の外国のほうでは、住宅の平均寿命は築150年くらいで日本の住宅より寿命は3倍以上耐久力があるのですが、日本の国の住宅ほどには外壁の維持費のメンテンスはかけていませんし、かからないのです。【それは、簡単に言えば、外国のほうでは新築工事の予算で大事な外壁工事の予算をしっかりとってしっかり工事をするからです。日本の場合は外壁工事のコストを下げて、手抜き欠陥外壁になっているのです】

これは、住宅業界を含めて、社会全体の問題です。夢のマイホームを少しでも安く持ちたいという消費者の意識、及び、工務店や住宅メーカーは少しでも利益をとって、会社を倒産させないようにしようという意識が先に立ち、少しでも値段は安いに越したことはないという安さのダンピングを繰り返したきた結果、手抜き欠陥住宅だらけの住宅が日本全国に蔓延してきて、役所は黙認をし、手抜工事の住宅が当たり前のようになってきて、感覚が値段の安さに意識がいき、麻痺してきたからなのです。

安くて、夢のマイホームという麻薬みたいなものです。

最終的にそういう欠陥外壁材の住宅に住んでいる人が後で、新築で外壁工事にコストをかけなかった分その2倍も3倍も後で、外壁の維持費や外から雨が入ってこないようにする補修メンテナンスが大きく負担がかかってくるわけなのです。

今、住宅に住んでいる人は当たり前のように塗装はしなければならいというふうに思っています。みんなが同じような、住宅に住んでいることですし、自分だけが特別でないと、半ば、諦めように、当然のように、塗装維持・メンテンス費用という、ドブにお金を捨てるような無駄なお金の使い方をしています。

果たして、それでいいのでしょうか??工務店さんや住宅メーカーさんのいいなりで、いいのでしょうか? はっきりいます、あなたは騙されていませんか?
ご近所の大工さんだから、地元で創業30年だからっと鵜呑みにして信じきって、無駄な工事をしていませんか??
すぐ歩いていける近くの大工さんい家を建てたのですが、それも親父の代からのつきあいで頼んでいたが、その大工さんを信用しきって、全部とはいいませんが、失敗した・・・、もっと勉強してから家を建てれば良かったと言う方から相談を受けることが最近多くなってきました。

つい最近も経験もさせて頂いたのですが、地元でアルミサイディングの施工工事をして欲しいというお客様から住宅の増改築の工事の方もして欲しいと言うことで、その時、いつも、お願いしている大工が忙しくて、今回は違う大工に頼もうと言う事で、そのお客様宅のご近所で地元で30年大工職として実務があり、大手の住宅メーカーの仕事も請けていて、しかも職業訓練校の教授もしていて、一級技能士という資格のある大工さんということで、始めてだったのですが、もしかしたら、それはとてもいい大工さんとめぐりあえたのでは・・・と期待と安心をして、その大工さんにお願いをしたのですが、

見事に裏切られました、2回やりなおし工事を指示し、最終的にいつも工事してもらっている大工に最終仕上げ工事をして、お客様から喜ばれるような改築工事の完成という結果になり、ほっとしているのですが・・・地元・近所だから、へんな手抜工事はしないだろう? 資格がありや経験が豊かだからっと・・それを鵜呑みにして、おまかせにすると、結果的に手抜工事という事態になりかねませんのでお気をつけて下さい。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています