外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
内断熱工法はどういう工法なのでしょう?

下記の記事も何年も経ち、古い情報となりましたので、補足をさせて頂きます。下記に記載されている事柄は事実を掲載してあるのですが、断熱の方法は奥深いものがあります。

内断熱工法と言われる断熱材壁内充填工法であっても、温度差によって、湿気の流れが止まらないように壁の中に湿気の流れができるように通気層があれば、こういう内断熱工法であっても結露は出にくくなります。
(但し、内断熱工法の場合、相変わらず断熱材はグラスウールを使用しての工法ですのでそのグラスウールに湿気が含んでくるといくら外側に通気層を取っていても断熱材は湿気を含んだら乾燥しないと思って頂いたほうが良いです。このグラスウールにおいては別のコーナーで紹介します。
その断熱材のある壁の中にいかないように壁の中の内側に気密シートを施工して、部屋の中の気密性を上げ、部屋の中にある湿気を壁の中にいかないようにする工法をとっているのが最近の内断熱工法なのです。この気密シートがうまく機能していれば良いのですが、実際のところこの気密シートの隙間や穴があいた箇所から部屋の中の湿気が壁の中に入り、その入った湿気が壁の中から逆に気密シートがないだけに部屋の中に戻れず、そして中の断熱材に侵入し、結露、カビになっているケースが多いのです。)
逆に気密シートがなくて、中に入っている断熱材がすかすかになっている(所謂、断熱材の手抜き工事)よりも湿気が中にこもり、断熱材に多く結露が発生し、カビだらけになっているケースが多いのです。

それ故、この気密シートの施工不備による原因や破れやすい欠点、あっちこっちにある細かい部分の気密シートの施工性が悪い場所の隙間や穴がどうしてもあり、そこまできっちりしたとしても、電気の線に電話線、アンテナ線などの穴の隙間は相変わらず、湿気が入ってきてくださいといわんばかりの状況ですので、気密シートをしっかり施工した分、そのような隙間から入った湿気は部屋に戻れませんので、中で悪さをしてしまうのです。

この気密シートの内側で水滴がついている状態を何十件も見ております

高気密+高断熱(内断熱工法)=結露が出やすい。壁内に断熱材を充填していく工法ですので、湿気の流れがでにくく、結露になりやすいのです。

また、結露は温度差によって、結露が生じるという事は正しい答えなのですが、違う言い方で言えば、結露は湿気の流れが止まると湿気の水の粒子が水分となり結露になる訳です。(温かい湿気が冷えたコップに触れると湿気の流れが止まり、結露になるのが仕組みでございます。)

逆に言えば、湿気の流れを止めないように工夫をしてあれば、内断熱工法であっても結露になりにくい訳なのですが、日本の住宅はそこまで考えて、家を建てているお宅は殆ど少ないという状況であります。

昔の家は今みたいな断熱材を充填する方法でなかったので壁の中は通気が充分にとれていました。逆に言えば、隙間風が多く、冬は寒かったのですが、木材にとってみれば、環境が良かったのです。

断熱性能は空気の層がある事がポイントなのですが、その断熱性能を上げる為に高気密にして、断熱を高断熱にすると湿気の流れができなくなり、結露になりやすいという事であります。

ですので、
内断熱工法である断熱充填工法だから100%駄目だと不定するものではありません。ですが、日本の住宅は下記に記載したように内壁の中にカビが出て、家が腐食していまった事が現実として起こっている事も事実であります。

内断熱工法とは


読んで字のごとく、断熱材が内側にあるということなのですが。

住宅の外壁材と内壁材の中央にあたり、壁の中に断熱材を充填して、施工していく工法で通称内断熱工法と言われています。

この断熱材は、グラスウールという名称の断熱材で黄色い綿ように見えて、厚さが約50ミリ(5僉砲如∧匹涼罎暴偲兇靴討い工法です。住宅金融公庫の中間検査でこの断熱材が規定どおり、入っているかどうかという検査項目の中に入っており、

日本の高度成長時代の約25年ほど前より、家電が各家庭に普及し、住宅も冬暖かく、夏涼しい住宅が望まれ、冷暖房の完備が必然とされた時代、エネルギー資源を有効に、省エネという意味も含め、高断熱、高気密と言う事で、日本の住宅の98%以上、この内断熱工法が主流の住宅建設ラッシュ!により、日本全国に普及してきました。

ですが、この工法は平成の時代に入ってから、いや、入る前からも、北海道地区では、かなり問題になりました。北海道地区は冬は寒さで厳しい地区ですので、東北より本州では断熱材の厚さは5僂任垢、北海道では10cmなのです。

冬の季節には暖房費をかなり使う地域ですので、家計費の中の暖房費を節約したいという願いもあり、北海道では工務店も断熱メーカーも高断熱・高断熱に高気密という謳い文句で普及してきた結果、築1〜2年で家の中が黒かびでカビだらけの家になってしまったり、住宅が腐食し、2階の床が落ちたという被害住宅が続出して、朝日新聞や読売新聞に住宅に結露がでて、黒かびが発生して、住宅を腐食させ、住宅が倒壊する危険がある、また、シックハウスの原因の根本であるという、専門誌の紹介まででました。

北海道では、一般消費者や建築会社では、そういう被害を出すまで、高い授業料を払い、内断熱工法の工法で断熱材を安易に5僂任覆10cmにして、断熱を高めると結露の被害がこれほどまでに住宅を腐食させる、住環境が悪化し、病気になる住宅になるという事を身をもって、体験したのです。

それで、この問題を解決をするのに、世界中を見渡すと、アメリカやカナダ、そしてヨーロッパなどの先進国の住宅は外断熱工法(外貼り断熱工法)で住宅が経っており、 アメリカやカナダでは平均200年以上の住宅の寿命が長く、ヨーロッパでも平均150年住宅が持っている、事実があり、

外断熱工法は内断熱工法の壁の中に断熱材を充填する方法とは違い、壁の外側に下から上まで断熱材を貼っていくので、内断熱より、『気密性を高める事も容易で、結露の被害もなくなる』、『内断熱の結露を防止しながら、断熱性を高める事ができる』、ということで、外断熱工法こそ、これからの新時代の工法だ・・・と、

最近の日本では外断熱工法がブームになっております。その外断熱工法もまた北海道地区では大問題になっており、外断熱工法は素晴らしい工法ですが、住宅コストを抑える為に重たい外壁材を使用して断熱材より外側に外壁材をビスで止めるのですが、一番外にでている部分の外壁材を安価に抑えるために、安価な外壁材=重たい外壁材を使用してその止めてる、ビスが折れたり、腐食したりして、外壁が落ちたり、ひびが入り、外壁材が崩れてきたという被害が多く続出しています。

この被害も根本的に住宅を建設する場合、家を守る、最も大切な、工法に基づいていなく、屋根材や外壁材など最低限かけなければならないコストをかけなければならない部分を削り、後で必ず、実際に住んでいる人が困る、実際に住んでいる人が被害に遭うという、実際に住む人の気持ちになって、家を建てていない、建築家、ハウスメーカー、工務店が日本に多すぎるというのが実態であります。

また、被害が何故?多くでるかという部分は、このブログの日本の住宅の事情等、他の記事にも紹介していますが、結論から言えば、住宅の建築基準法の法整備の不備また、不完全でもあります。

住宅金融公庫の融資基準の建築材料の仕様はJIS規格に基づいている部分もありますが、高断熱にすることで、住宅融資の基準に入っており、また、使用する木材もJIS規格では防腐剤を添付してあるものを使用しなさい、そうでないと木材が腐食するという意味でしょうか?・・・それが原因で住宅が安易な断熱を高める事で結露被害になったり、防腐剤がシックハウスの住宅になった、根本の原因の一つでもあります。

そういう、わけのわからない、規定や基準があるので、こういう被害が続出していると存じます。

もし、基準を設けるなら、住宅の壁の中や木材に含む水分を何%以下にしなさいとか、木材に防腐材を塗付しなくても木材が腐食しない家の工法で、建てるようにとか・・・。 

外壁材に使う、重量はビスの耐強度の何キロ以下に抑えなさいとか、または、ビスが腐食しないような工程はこのような工程ですとか、外からの雨が入りにくいように、外壁の構造をこのような構造にしなさい・・・等そういう基準を設けるべきほうが、実際に住む人の気持ちになったいい家ができる事と存じます。

住宅に関する本を読んでいましたら、瑕疵担保責任を10年にするという法案が出た当時、国会議員が猛反対して、法案が通らなかったという記事がありましたが、理由は断熱メーカー等の住宅の建材を製造している企業から猛反発が出たという事ですが、同じ、建材メーカーの業界に身をおいている立場としては、何かおかしいのでは・・・

自分達自身の首を絞めているのでは・・・という、口に出しては言えない思いがございます。

これからの日本、現内閣は美しい日本を掲げていますが、口だけに終わらないように、本当に美しい日本になっていきますように願うものであります。

日本の自然や住宅の将来は美しい住環境になりますように、それには、一人でも多くの方に今の住環境が快適で美しい環境にしていこうという輪が広まっていくことを希望と期待に・・・胸に膨らませていきたいと存じます。