外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
外断熱二重断熱通気性外壁リフォームをする事により省エネで環境に良い家になる。また、深刻な問題の地球温暖化防止対策になります。

今の住宅の構造は他の記事でも紹介したとおり内断熱工法で建設されているお宅が殆どなのです。

新築で建てた、住宅が年数が経過していくうちにその内断熱工法(壁内断熱材充填工法)の断熱材部分に結露が発生し、断熱材自体に水分が浸透していきますと、断熱効果がだんだん少なくなってきてます。

そうしますと、住宅全体の断熱効果がかなり低くなり、冬寒く、夏暑いといった、悪住環境になって、冷暖房費などの水道高熱費も高くなり、家計を圧迫してきます。

外断熱リフォームをすることにより、住宅全体を魔法瓶のように断熱材をすっぽり、包み込みますので、冬暖かくなり、夏涼しくなります。

その分、冷暖房の水道光熱費の負担が軽くなり、省エネ住宅になります。

また、冷暖房費が削減されることにより、そういった原因による深刻な問題の地球温暖化の防止にもつながり、地球環境にやさしい、環境に良い住宅になります。

この地球温暖化の問題も国民ひとりひとりいや、全世界の人々全員がほんのちょっとだけでも意識をして、日常生活で生かしていけば、かなりの地球温暖化対策になります。

今、車などを生産するメーカーも全世界的に環境にやさしい、ものづくりを行い、企業一体のなって、地球環境を良くしていく事をまず、考えて生産をしています。

欧米各国の住宅や建物は地球環境にやさしい、外張り断熱の工法の住宅は一般的です。わが、日本国も住宅の住環境を良くして、地球温暖化防止の為にも省エネ住宅が日本中に広まるようになれば良いのですが・・・。

今後の住まいの維持管理においてはそういった、地球環境への配慮も考えた、リフォームが求められる事になるでしょう!


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています