埼玉・名古屋の外壁リフォーム・サイディングなら関東と東海で評判の外断熱外壁リフォーム専門メーカーの昭和アルミ株式会社
 
 
外断熱リフォーム施工手順
20080127200657.jpg











1.施工前の住宅・左前景
20080127193527.jpg
2.施工前の住宅・右前景
20080127193651.jpg
3.外壁施工作業のため足場を組み立て住宅を覆います。
20080127193829.jpg
4.防水対策が必要な部分には、湿気を外に逃がす防水シートを敷き、その上に一定間隔で胴縁材を施工していきます。
20080127193921.jpg
5.胴縁材の間に断熱材(画像中の物は防蟻断熱材:パフォームガードです)を通気性を保ちつつ施工していきます。
20080127194015.jpg
6.断熱材を住宅全体に施工していきます。
20080127194123.jpg
7.断熱材を施工後、その上からアルミサイディング材を施工していきます。(アルミサイディング材本体自体にも断熱材が入っています)
20080127194317.jpg
8.サイディング材を施工しても、胴縁材と断熱材の間に空気の通り道があるため、通気性を確保でき、カビ・湿気を防ぎます。
20080127194447.jpg
9.住宅の最上部まで確実にサイディング材を施工します。
20080127194517.jpg
10.弊社施工監理者による弊社基準による完了検査終了後、施主様とご一緒に完成後のチェックを行います。
20080127194559.jpg
11.検査合格後、お引き渡しいたします。
20080127194634.jpg
12.施工完了後のアフターフォローもお任せください。
電話一つですぐに担当者が伺い、いつでも修理、修繕に対応させていただきます。