外断熱仕様のアルミサイディング外壁材を使用した外断熱二重断熱通気性外壁リフォーム
 
 
特許技術のパフォームガードは評判が良いようです。
アルミサイディング外壁材を使用した外壁リフォームはやはり施工方法が大事であると痛感をしております。

他社業者でアルミサイディング外壁材を施工した方で冬暖かくはなったが、夏、涼しくなるはずが逆に暑くなってしまったのですがどうしてなのですか?という相談も数多いのですが、

やはりその工法に問題があるようですね。

弊社のSOIV工法で施工させて頂いた方は夏の熱気がなくなった快適になったという体験を沢山して頂いている方が多いのですが、

2年前からSOIV工法に組み入れた、特許技術の防蟻断熱材(パフォームガード)をセットにしてされた、お客様は更に、夏が涼しく、冬が暖かくなったと大変評判が良いようです。

弊社は住宅において、湿気のコントロールが重要で一番大事なポイントとしてSOIV工法を確立してきたのですが、

アルミサイディングもそうですが、工事方法である工法を間違えると大変なことになる重要な部分です。

製品の素材、性能、湿気のコントロールがきちんのできる工法、そのどれもが大事であり、製品が良ければ、良い効果が出るという事ではなく、工法も最も大事な部分であります。

アルミサイディングを施工して逆に夏暑くなるのは『工法に問題』があるからであります。

弊社の工法の形だけ物真似をしても不都合がでているようですね。(ただ、胴縁を施工して隙間をあければ、良いという事ではありません。また、胴縁も黒色の樹脂を使っているから昭和アルミと同じ工法だとは思わないでください。)

弊社の工法は特許技術も入っている他社には真似のできる工法ではございませんので。

 
 
昭和アルミの断熱材は防蟻処理をした防蟻断熱材です
20070723021201.gif





20070518113904.gif




外断熱リフォーム革命


現在、住宅の内部結露を抑えるために外断熱工法が多く使われていますが、外断熱工法にしたからといって完全に結露が抑えられるわけではありません。正しい工法で外断熱を行わなければ内断熱工法と変わらない効果しか得ることができないのです。

日本の外断熱住宅の80%以上は、カビや結露の出る名ばかりの外断熱工法だと言われています。外断熱工法の多い北海道では、このことが問題になっており「外断熱工法は良くない。」というクレームが多発しているようです。クレームの起きた住宅の多くは、正しい外断熱工法を行っていなかったことが考えられます。

外断熱工法で一番大切なことは通気性を持たせる事です。外断熱工法にする場合は気密性が高い分、必ず通気性を持たせるようにしないと湿気が中にこもってしまうからです。昭和アルミでは、従来の外断熱工法ではできなかった家の「通気性」を考えた本当の外断熱用外壁材を提供しております。

軽くて高性能な「防蟻断熱材」。


断熱材として使う発砲ポリスチレンは防蟻処理を施した「パフォームガード」を使用しています。「パフォームガード」の防蟻処理には毒物を使わず、自然環境中に保存する物質を使用。製造担当者の安全性も保証され、安定した成分なので地球環境に対して害がありません。「パフォームガード」は米国政府の3年間のシロアリ実験をクリアした米国環境保護局(EPA)認証品です。

軽くて高性能な「防蟻断熱材」。
 
20070518114903.jpg         20070518114949.jpg








防蟻処理をしていない断熱材  防蟻処理をしている断熱材

外断熱用防蟻断熱材『SOIV工法』の特長

【断熱(1)】 断熱
空気層の多い発砲ポリスチレンがしっかり断熱。
夏は涼しく冬は暖かく結露を防止し、建物の耐久性を向上します。

【特長(2)】 省エネ
冷暖房のランニングコストの節約分で断熱材のグレードをアップできます。

【特長(3)】 デザイン自在
寸法も厚さも、自由。建物に合わせてご指示ください。
また、凹凸などの加工もカンタンです。内断熱はもちろん外断熱としても活用できます。

【特長(4)】 難燃
火源があれば燃焼しますが、火源を取り除けば、パフォームガード単独では燃焼を継続できません。
自己消火性の断熱材です。

【特長(5)】 低価格
他の断熱材と遜色のない設定です。
施工スピードの早さで、よりコストダウンが計れます。